横浜市磯子区の外壁塗装なら株式会社建尚 ガイソー横浜港南店

横浜市磯子区
外壁・屋根の塗装 安心してお任せください
【株式会社建尚】は社長含め、ほとんどの社員が職人経験がございます。
弊社代表の杉山が25歳で独立し、建材商社からの直接の仕入れや自社職人の育成に力を入れ、外壁のプロ集団を育て上げました。

プロの職人が対応いたしますので、品質や仕上がりもご満足いただけると思います。
お客様一人ひとりのご要望に応えるために、様々な角度からご提案をし、より良いお家を作っていくためのお手伝いができればと思います。
今では神奈川、東京を中心に、年間360棟ほどの家の工事に携わらせていただいております。

お客様から選ばれ続ける信頼と実績があります。

お問い合わせはこちらから!
相談・見積もり・調査は無料で承っております。
是非お気軽にお問い合わせください!

神奈川県横浜市磯子区株式会社建尚 ガイソー横浜港南店の企業案内

お客様目線を忘れません

常にお客様が求めていることを咀嚼し、最大限叶えられるように尽力いたします。
【株式会社建尚】に頼んでよかった、またお願いしたいと思っていただけるよう生涯を通してお付き合いできるような信頼関係を築きたいと思っております。
疑問に思ったことはどんなことでも聞いてください。

取り扱い工事一覧

・外壁・屋根塗装「ヌリカエ」
・外壁リフォーム「ハリカエ」
・屋根リフォーム「ヤネカエ」
・水廻りリフォーム「リフォームパック」
・リノベーション

幅広くお取り扱いしています!
お家の悩み事がありましたらお気軽にお問い合わせください!

株式会社建尚 ガイソー横浜港南店の事業案内

外壁塗装工事を行うのに最適な季節


メリット:湿度が低いことから塗料が乾きやすく、工事にはベストな時期
デメリット:4・5月は不安定な天候が多く、作業期間が伸びてしまう
梅雨
メリット:雨が降っていなく適切な湿度を守れば、今の塗料なら問題ない
デメリット雨の日は工事ができないため、工期が長引く可能性あり

メリット:気温が高いため塗料の乾きが早く、塗料の伸びもよいため作業を早く進めることができる
デメリット:養生をするため窓を開けることができない

メリット:空気が乾燥しており気候も穏やかなため、施工がしやすい季節
デメリット:台風のシーズンとなるため、天候が不安定となり、工期も延びやすくなる

メリット:空気が乾燥しているため塗料の定着がよいこと、また養生で窓を閉めたままでも支障がない
デメリット:日照時間が短いため、他の季節と比べ作業可能な時間が短くなってしまうこと、気温や霜・積雪の影響で工期が延びる恐れあり

定額プランをご用意しています。

一般的な会社ですと、外壁塗装の工事料金は塗装面積によって変化いたします。
しかし、弊社では追加料金のかからない定額プランをご用意しており、10年の保証もついています。

詳しくは弊社ホームページhttps://www.kensyou.biz/index.htmlよりご覧ください。
安心安全のお値段・工事をお届けします。

神奈川県横浜市磯子区の株式会社建尚 ガイソー横浜港南店を写真で紹介

スタッフ紹介

スタッフ紹介

杉山 尚史 代表取締役

質の高い工事を心がけております。社長も社員もほとんどが職人あがりの為、的確なアドバイスをさせていただく事が出来るのが弊社の強みです。

神奈川県横浜市磯子区の株式会社建尚 ガイソー横浜港南店けんしょうの会社概要

商号
株式会社建尚 ガイソー横浜港南店
代表者
杉山 尚史
事業所
〒 233-0012 神奈川県横浜市港南区上永谷6-1-1 サルビアビル1
TEL:042-860-7223
0120-918-378

FAX:042-860-7229
コーポレートサイト
https://www.kensyou.biz/index.html
事業内容
塗装工事・屋根工事・サイディング張替え工事・各種リフォーム
許認可・免許番号
神奈川県知事 般-30 第 85170 号
営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日
塗料メーカーの認定
ペイントライン、プレマテックス、関西ペイント、日本ペイント、スズカファイン、水谷、ガイソー

〒 233-0012 神奈川県横浜市港南区上永谷6-1-1 サルビアビル1の地図

横浜市磯子区の外壁塗装におすすめの季節と需要

外壁塗装は一般的に10年周期で塗り替えるのがよいといわれています。
しかし、使用した塗料や住宅のある環境によって、外壁を塗り替えるベストなタイミングは変わります。 磯子区は海に面した地域のため、塩害の危険がある地域です。 塩害の説明はのちほど行いますが、被害を受けることで、内陸にある住宅より劣化が早くなります。 外壁に劣化症状がある方は早めに外壁塗装を行いましょう。
この記事は

  • 横浜市磯子区で外壁塗装におすすめの季節はいつ?注意点は?
  • 横浜市磯子区で今後の外壁塗装の需要はどうなる?

2点について解説します。

横浜市磯子区で外壁塗装するなら春、秋!

グラフ:神奈川県の平均降水量と平均気温(1991~2020年)

グラフ

出典:「過去の気象データ」(気象庁ホームページより)

外壁塗装におすすめの季節

外壁塗装を行うには、次の3つの気候条件を満たす必要があります。

  1. 気温が5℃以上
  2. 湿度85%以下
  3. 降雨や強風など、悪天候でない

磯子区の外壁塗装は春、秋がおすすめです。
この時期は気温が一定以上あり、雨も少ないため外壁塗装に適しています。 ただし、春は4月上旬に春雨前線があり、秋は9月中旬から10月中旬にかけて秋雨前線が発達するため、雨が続くシーズンは工期が長引くことを考慮して早めに依頼しましょう。
また、横浜市は温暖な気候のため、冬でも外壁塗装を行えます。 外壁に劣化症状があらわれた方は、大きな問題につながる前に外壁塗装を行いましょう。

磯子区は塩害に注意!

磯子区は海に面した地域のため、海沿いに住宅がある方は塩害に注意が必要です。
塩害とは、風で運ばれた塩分が原因で金属や外壁材を劣化させる現象です。
海沿いの住宅は塩害の影響で、内陸部より劣化が早くなるため、塗装から5〜7年経ったら外壁をチェックしましょう。

磯子区で外壁塗装の需要増の見込み。早めの依頼を!

グラフ:神奈川県と横浜市磯子区の一戸建て住宅数比較(2003年~2018年)

グラフ

グラフ:神奈川県と横浜市磯子区の新設住宅着工戸数(持家)(2011年~2019年)

グラフ

出典:統計ダッシュボードhttps://dashboard.e-stat.go.jp/

外壁塗装はお早めに!2021年以降に需要が増加

磯子区の新設住宅着工戸数は2017~2019年にかけて増加しており、それに伴って外壁塗装の需要も増加しています。
また、磯子区は2011年に多く住宅が着工されているため、外壁を塗り替えるタイミングである10年後の2021年以降に外壁塗装の需要が増加することが予想されます。 外壁塗装の需要が増加すると、目当ての施工会社に依頼できないおそれがあるため、外壁塗装を検討中の方は、早めの依頼をおすすめします。

外壁塗装の豆知識

色選びの注意点!

色選びには主に、色見本やカラーシミュレーションで決めます。
それぞれ注意点があるため、2つに分けて解説します。

1.色見本
色見本を見るときは面積効果があるため、なるべく大きなものを用意してもらいましょう。 面積効果とは、サイズが変わることで色の見え方が変わることです。 色見本は実際に塗装する面積とサイズが大きく異なるため、実際に塗装したときに明るい色はより明るく、暗めの色はより暗く見えるようになります。 そのため、A4サイズくらいの大きめの色見本を用意してもらったり、実際に外壁に塗ってもらったりとイメージとずれがないように工夫が必要です。

2.カラーシミュレーション
カラーシミュレーションとは、住宅の写真を取り込み、専用ソフトで複数のカラーパターンを試してみることです。 モニターや印刷紙によって見え方が変わるため、注意が必要です。 カラーシミュレーションは住宅に色を塗ったイメージが見られるため、全体的なイメージがしやすく便利です。しかし実際の色とは見え方が異なるため、注意しましょう。 カラーシミュレーションは大まかなイメージを確認するのに使用し、細かい調整は塗装会社と相談して、実際に塗ってもらったり、色見本を使用したりするのがよいでしょう。

まとめ

  • 横浜市磯子区で外壁塗装をするなら春、秋がおすすめ
  • 横浜市磯子区の外壁塗装の需要は2021年以降に増加することが予想される
株式会社建尚 ガイソー横浜港南店に外壁塗装の見積もりを依頼する無料
こちらの企業に外壁塗装の
見積もり依頼無料
私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する