横浜市泉区の外壁塗装なら株式会社建尚 ペイントライン町田

横浜市泉区
安心してお任せいただける実績があります。
株式会社建尚は、外壁塗装をはじめ、屋根塗装、張替、水廻り工事など、
お家のリフォームに関して幅広く対応しています。

弊社は、建材商社・大手ハウスメーカーの下請けの会社です。
材料の仕入れや自社施工をすることにより
品質を維持しながら、コストを抑えた工事を心がけております。
ずっと続く住まいのために
メンテナンスのお手伝いを私たちにお任せください。


代表の杉山は、10代のころから塗装に携わり、25歳で独立いたしました。
お客様のお家をより素敵なものにするための知識と経験は誰にも負けません!
ひとり一人と向き合ってヒアリングをし、施工に取り掛かってまいります。

まずはお問い合わせから!是非お気軽にお立ち寄りください!

神奈川県横浜市泉区株式会社建尚 ペイントライン町田の企業案内

お客様との信頼関係の構築に力をいれております

お客様目線でかつプロとして的確なアドバイスをさせていただくことが出来るのが弊社の強みです。
お客様それぞれの立場なって、向き合っていきます。
決して無理なご提案はいたしません。どうぞ安心してお任せください。

使用塗料について

弊社は【ラジカル制御型塗料】を使用しています。
ラジカルとは、塗料の顔料が太陽光を吸収することにより発生する物質。
ラジカルは塗膜の劣化原因になります。このラジカルの発生を制御するのが、ラジカル塗料です。
今、最も注目されている塗料です。
ポイントは、シリコン塗料と同じくらいの単価で、耐久年数がシリコンより高く、シリコンとフッ素の中間に位置する点です。

神奈川県横浜市泉区の株式会社建尚 ペイントライン町田けんしょうの会社概要

商号
株式会社建尚 ペイントライン町田
代表者
杉山 尚史
事業所
〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町5959-7
TEL:042-860-7223
0120-918-378


FAX:042-860-7229
コーポレートサイト
https://www.kensyou.biz/index.html
事業内容
塗装工事・屋根工事・サイディング張替え工事・各種リフォーム
許認可・免許番号
神奈川県知事 般-30 第 85170 号
営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日
塗料メーカーの認定
ペイントライン、プレマテックス、関西ペイント、日本ペイント、スズカファイン、水谷、ガイソー

〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町5959-7の地図

横浜市泉区の外壁塗装におすすめの季節と需要

横浜市泉区で外壁塗装を行うのに、最適な時期をご存じですか。
答えは春と秋です。 泉区は温暖で雨も少ないため1年中外壁塗装を行えますが、特に春と秋は空気が乾燥しており、塗料が乾きやすく施工しやすいため、外壁塗装に適しています。
この記事では

  • 横浜市泉区で外壁塗装におすすめの季節、注意点は?
  • 横浜市泉区で今後の外壁塗装の需要はどうなっていく?

以上について解説します。
おすすめ季節の注意点まで解説しますので、外壁塗装を検討中の方は参考にしてください。

横浜市泉区で外壁塗装するなら春、秋!

グラフ:横浜市の平均降水量と平均気温(1991~2020年)

グラフ

出典:「過去の気象データ」(気象庁ホームページより)

外壁塗装のおすすめ季節

外壁塗装が適している気候条件には、次の3つがあります。

  1. 気温が5℃以上
  2. 湿度85%以下
  3. 降雨や強風など、悪天候でない

横浜市泉区の外壁塗装は春、秋がおすすめです。 特に春は気温が一定以上で、雨も少ないため外壁塗装に適しています。 春、秋は業者の繁忙期になるため、この時期に施工する場合は遅くとも2カ月前には依頼しておきましょう。 反対に夏と冬は業者の閑散期になるため、好きなタイミングで施工しやすい季節です。しかし、夏は湿度が高く、冬は気温が低いため、塗料が乾きにくく工期が長くなるおそれがあります。 季節ごとにメリット、デメリットがあるので、自身の都合がよい季節に依頼しましょう。

台風シーズンに注意!

泉区は年間を通して降水量はそれほど多くありませんが、9月、10月の台風シーズンに降水量が増加します。この時期は台風の影響で施工できない日が多く、工期が延びるおそれがあります。また、強烈な豪雨や風によって劣化した外壁が損傷することもあるため、台風シーズン前の外壁塗装がおすすめです。

泉区で外壁塗装の需要増の見込み。早めの依頼を!

グラフ:横浜市と横浜市泉区の一戸建て住宅数比較(2003年~2018年)

グラフ

グラフ:横浜市と横浜市泉区の新設住宅着工戸数(持家)(2011年~2019年)

グラフ

出典:統計ダッシュボードhttps://dashboard.e-stat.go.jp/

外壁塗装はお早めに!2023年以降に需要が増加

泉区の新設住宅着工戸数は2018~2019年にかけて増加しており、それに伴って外壁塗装の需要も増加しています。泉区は、商業施設や医療機関が充実しており、生活の利便性が非常に高い地域です。横浜駅まで車で約30分と都市部へのアクセスもよく、ファミリー層から高い人気を誇っています。 また、泉区は2013年に多く住宅が着工されているため、外壁塗り替えのタイミングである10年後の2023年前後に外壁塗装の需要が増加することが予想されます。 外壁塗装の需要が増加すると、目当ての業者に依頼できないおそれがあるため、外壁塗装を検討中の方は、早めの依頼をおすすめします。

おすすめ塗料の選び方

外壁塗装で欠かせないのが、塗料選びです。 塗料選びでは色や耐用年数、機能などさまざまなポイントがありますが、まず決めるべきなのは耐用年数です。耐用年数は樹脂という、塗料に使用される素材によって決まります。 樹脂によって金額も変わるため、予算や住宅の状態を考慮して決めるとよいでしょう。 例えば、築10年でこれからも住み続けるとしたら、費用が高くなっても、耐用年数が長い塗料を使用して、塗り替えのサイクルを遅らせたほうが、トータルで見ると安く抑えられます。下の表はよく使用される4種類の塗料です。予算や住宅の状態を考えて下の表から選んでみてください。

主要塗料5種
塗料名 耐用年数 特徴 単価(m2
ウレタン塗料 8~10年 一定の耐久性があるうえに、安価で使用できる 1,700~2,200円
シリコン塗料 10~15年 耐用年数が長く、価格も手ごろでコストパフォーマンスに優れている 2,300~3,000円
ラジカル塗料 12~15年 シリコン塗料に代わる、近年主流の塗料 2,500~3,000円
フッ素塗料 15~20年 一般の塗料では一番ランクが高い。耐久性に優れているが高価 3,800~4,800円
無機塗料 20~25年 汚れにくく、親水性に優れているため、汚れが付着しても雨水で洗い流せるが高価 4,500~5,500円

まとめ

  • 横浜市泉区で外壁塗装をするなら春、秋がおすすめ
  • 横浜市泉区の外壁塗装の需要は2023年前後に増加することが予想される
株式会社建尚 ペイントライン町田に外壁塗装の見積もりを依頼する無料
こちらの企業に外壁塗装の
見積もり依頼無料
私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する