川崎市川崎区の外壁塗装なら株式会社コーディアリー

川崎市川崎区
地域密着!神奈川の地元の工事専門店です!
屋根や外壁などの外装診断を元に、塗装だけで大丈夫なのか、どんな下地処理が必要か、住まいの外装の状態に合わせて、塗装時に必要な補修や防水⼯事、屋根の補修、漆喰の補修、雨樋の補修、等を様々な角度から検討し、最適なプランをご提案しております。
建物の美観だけでなく、建物をしっかりと保護する、寿命を延ばすことが塗り替え時の⼤切な目的であり役割だと考えております。
塗料も多種多様なものが存在しています。
その中から、お客様のご予算やお家の状況に応じて、最適な塗料、工法を選択し、お客様にご提案致します。

神奈川県川崎市川崎区株式会社コーディアリーの企業案内

スタートして10年以上!実績のある塗装店です!

塗装業者やリフォーム店には、中にはひどい工事をする業者も残念ながらいるようです。 しかし、当社は地域密着店として、正直、丁寧、親切をモットーに、技術を磨いてきました。強引な営業等も⼀切⾏っておりません。 塗装屋選びに困ったら、お気軽にお声がけ下さい。

自社施工だからできる低コスト

当店は、⾃社施工だから、外注コストや中間マージンはすべてカット! だから、低価格で責任施工、資格をもった⾃社の職⼈ができます。他店の⾒積もりと⽐べてみてください。過去の実績では、⼤手ハウスメーカーと⽐較して、平均3割は安い⾦額で施工しています。

長期的に安心!最大5度塗り!

塗料の性能を発揮させるために、各塗料メーカーは「仕様書」というものを出しています。 そこには、基準塗布量や、それにともなう缶数・塗り重ね乾燥時間などが記載されています。塗料の性能を最⼤限発揮できるよう、この仕様を守り、塗料の性能を最⼤限引き出します。

トップ技術で最長15年保証

⾼い技術⼒と、丁寧に手抜き無しで工事しているからこそ、業界最⻑の15年保証も実現しています。各資格はもちろんのこと、万が⼀に備えてJIOリフォーム瑕疵保険加盟店、工事保険なども加⼊しています。 保証期間は、定期サポートも⾏っています。

株式会社コーディアリーの事業案内

外壁塗装

1.外壁塗装や屋根の塗装、塗料で選ぶ方、⾊で選ぶ方、耐久性で選ぶ方、お客様によって、様々なご希望があると思います。当社では、現地にて、建物診断をしたうえで、お客様のご要望をお伺いし、3つのプランは最低でもお出ししています。
それぞれのプランの違い、メリットやデメリットなどを正直にお伝えしたうえで、お客様が⼀番ご納得いただけるプランをご提案しております。

2.外壁塗装の下地処理という⼯程では、塗装後に剥がれや劣化を起こさないように、様々な作業を⾏います。
外壁表⾯の汚れを高圧洗浄機で洗い落とす高圧洗浄、鉄部のサビや、古い塗膜をそぎ落とすケレン作業、塗料の付着効果を高める目荒らし、ひび割れを塗装前に埋めるひび割れ補修など、その⼯程は多岐にわたります。
塗料がしっかり定着しなければ、どのような塗料でも、耐⽤年数はクリアできません。ここまでこだわるから、他店の施⼯よりも2,3年は⻑持ちします。

3.どの塗料にも、メーカーの指定する施⼯手順があります。
原則として、その施⼯手順に沿って塗装⼯事は⾏います。
中には、5度塗りという塗料も存在します。ただ、たくさん塗ればいいというものではありません。⼤切なのは、メーカーが様々なテストの中で、塗料の性能を最⼤限発揮できる仕様というものがあり、その仕様に準拠して施⼯することが⼤切なのです。そうすると、ほとんどの施⼯が三度塗りになるのです。

防水工事

防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度をどんどん弱くしていきます。そして、木造でも、鉄骨でも、石造りでも、建物内部に浸入した雨水は壁や天井を変色・劣化させ、美観を損ねます。さらに、カビも発生原因ともなるので、ぜんそくやアレルギーといった健康被害も引き起こしかねません。
適切なメンテナンスや定期点検で予防することが大事なのです。もし、雨漏りや漏水がはじまってしまったら、早急な対策が必要となります。

神奈川県川崎市川崎区の株式会社コーディアリーを写真で紹介

株式会社コーディアリーの写真紹介

  • 会社紹介

    幅広いお手伝いをさせていただきます!
  • 施工風景①

    丁寧に対応してます
  • 施工風景②

    一生懸命に全力で取り組みます
  • 施工風景④

    ご不明点がありましたら何でもお気軽にお聞きください
  • 実績

    ご安心の実績!

スタッフ紹介

スタッフ紹介>

上原 好喜

営業担当
丁寧にお手伝いさせていただきます。

神奈川県川崎市川崎区の株式会社コーディアリーかぶしきがいしゃこーでぃありーの会社概要

商号
株式会社コーディアリー
代表者
上原愛羅
事業所
神奈川県横浜市南区白金町2-33-203
TEL:0120-2110-13
事業内容
外壁塗装
屋根塗装
防水工事
漆喰工事
雨樋修理
営業時間
10:00〜18:30
定休日
年中無休
対応エリア
神奈川県

神奈川県横浜市南区白金町2丁目33の地図

神奈川県川崎市川崎区の外壁塗装におすすめの時期と需要

外壁は雨・風により日々ダメージを受けています。 特に川崎区は海沿いにある地域のため、塩害のおそれもあります。
外壁がダメージを受けて劣化すると、さまざまな問題を引き起こします。 深刻な問題になる前に、外壁塗装を行いましょう。
この記事では

  • 神奈川県川崎市川崎区で外壁塗装におすすめの時期はいつ?
  • 神奈川県川崎市川崎区で今後の外壁塗装の需要はどうなっていく?

以上の2点について解説します。
外壁塗装は気候の影響を大きく受けるため、時期によってメリット、デメリットがあります。外壁塗装を行ううえで非常に重要なポイントです。 業者に依頼する前にチェックしましょう。

神奈川県川崎市川崎区で外壁塗装するなら春〜秋!

グラフ:神奈川県の平均降水量と平均気温(1991~2020年)

グラフ

出典:「過去の気象データ」(気象庁ホームページより)

外壁塗装のおすすめ時期

外壁塗装が適している気候条件には、次の3つがあります。

  1. 気温が5℃以上
  2. 湿度85%以下
  3. 降雨や強風など、悪天候でない

川崎区の外壁塗装は春(3〜5月)と秋(9〜11月)がおすすめです。
この時期は気温が一定以上あり、梅雨や台風シーズンを除けば気候も安定しているため、外壁塗装に適しています。 春と秋は業者の繁忙期になるため、依頼が殺到します。 そのため、この時期に外壁塗装を検討している方は遅くとも2カ月前に依頼しましょう。

外壁塗装に注意が必要な時期

川崎区は海に面した地域のため、沿岸に家がある方は塩害のおそれがあります。 塩害とは、風で運ばれた塩分が原因で金属や外壁材を劣化させる現象です。 内陸部に比べて劣化が早くなるため、沿岸に家がある方は早めに外壁を塗り替えましょう。

川崎市川崎区で外壁塗装の需要増の見込み。早めに依頼を!

グラフ:神奈川県と川崎市川崎区の新設住宅着工戸数(分譲住宅)(2011年~2019年)

グラフ

出典:統計ダッシュボードhttps://dashboard.e-stat.go.jp/

外壁塗装はお早めに!2021年以降に需要が増加

川崎区は2011年に多く住宅が着工されているため、外壁塗り替えのタイミングである10年後の2021年以降も外壁塗装の需要が増加していくと予想されます。 2019年に新設住宅着工戸数が増加していることもあり、外壁塗装の需要はますます増加していくでしょう。外壁塗装の需要が増加すると、目当ての業者に依頼できなくなるおそれがあるため、外壁塗装を検討中の方は、早めの依頼をおすすめします。

外壁の塗り替えタイミングの見極め方

外壁を塗り替えるベストのタイミングをご存じですか?
一般的には新築から10年といわれていますが、新築時に使用した塗料の耐用年数によって違いますし、住宅のある環境によっても劣化の進行具合が変わります。 海沿いや寒い地域では外壁の劣化が早いため、10年経つ前に塗装をするベストのタイミングを逃してしまうこともあります。そのため、塗り替えるタイミングは外壁の劣化具合で見極めましょう。下の表を使って、自宅の外壁をチェックしてください。

外壁の劣化状態と概要
劣化症状 概要
変色、色あせ 外壁が劣化して、防水性が低下していることを示す
チョーキング 外壁の表面に白い粉が出現すること。外壁が劣化しているサイン
ひび割れ 幅0.3mm以上のひび割れには注意。雨水が浸入して室内の雨漏りにつながる
コーキングの割れ、はがれ 外壁のつなぎ目部分に施工されるゴム状の素材が、寿命により弾力性や接着性がなくなってしまった状態

まとめ

  • 神奈川県川崎市川崎区で外壁塗装をするなら春、秋がおすすめ
  • 神奈川県川崎市川崎区の外壁塗装の需要はこれからますます増加していくことが予想される
専門スタッフがサポート まずは無料相談