外壁の高圧洗浄してもらう費用はいくら?自分でやると痛む?

電話をする女性

「外壁の高圧洗浄を事業者に依頼したいけど、いくらかかる?」
「外壁が汚れてきたから高圧洗浄でキレイにしたいけど、自分でできるの?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか。高圧洗浄を依頼すると費用がかかるので、自分でやれば、外壁はキレイになり費用も節約できて一石二鳥です。実際のところ、費用はどれくらいかかるのでしょうか。また、自分で高圧洗浄することはできるのでしょうか。

今回は、外壁の高圧洗浄を自分でやる場合の注意点や、依頼費用について解説していきます。

外壁の高圧洗浄は自分でもできる?

結論として、外壁の高圧洗浄は自分でもできます。しかし、きちんとした手順や注意点を理解しておかないと、トラブルになります。

高圧洗浄でも落とせない汚れとは

通販番組などの過剰な演出の影響からか、多くの方が「高圧洗浄をするとどんな汚れでも洗い落とせる」と勘違いしています。しかし、高圧洗浄でも洗い落とせない汚れがたくさんあります

塗膜が剥がれている部分の汚れこびり付いたコケ水アカなどは、高圧洗浄をしても汚れを落とすことができません。

落とすことができるのは、外壁の表面に付着した汚れやチョーキング(粉化した塗膜)です。

自分で高圧洗浄すると外壁が痛む可能性も

汚れを高圧洗浄で無理に落とそうとすると、外壁を痛めるおそれがあります。

特にやりがちなのは、なんとか汚れを取ろうと思い、吹き出し口を外壁に近づけて洗浄するパターンです。これはやめたほうがよいでしょう。

外壁によく使われているのは、バリエーション豊富で防火性やコストパフォーマンスに優れている、窯業系サイディングという外壁材です。この窯業系サイディングは、セメントと木質系成分を混ぜ合わせた材料でできていることから、局部集中の力に弱く、簡単に傷がつきます。あまりにもひどい場合、傷が付くだけでなく、欠けや割れにつながるおそれもあります。

また、無理な高圧洗浄は、外壁の目地部分にあるシーリングも痛めるおそれがあります。シーリングとは、弾性のあるゴムのようなものです。外壁のジョイント部分やサッシとの取り合いに施され、外壁の止水性を担保しています。そのため、シーリングの破断は直接雨漏りにつながります。

高圧洗浄でよくあるトラブル

高圧洗浄では、以下のようなトラブルが起こりえます。

周囲への飛散

高圧洗浄をすると、思っている以上に洗浄水が周囲へ飛散します。事業者に依頼すると足場などに養生シートを設置し飛散を防止してくれますが、自分でやるとなると簡単にはいきません。

  • 周りのお家が洗濯物を干していないか
  • 春秋の中間期ならお隣が窓を開けていないか
  • 2階のベランダで洗浄するなら下に人は通っていないか

事前に上記などを確認しておきましょう。

雨漏り

きちんとした知識がない中で外壁や屋根の高圧洗浄をすると、雨漏りを引き起こしかねません。特に屋根に関しては、下からの水について考慮していない形状も多く、むやみやたらに高圧洗浄してしまうと危険です。

また、換気口なども要注意です。高圧洗浄をする前に水が入らないように養生する必要がありますが、自分で高圧洗浄をする場合、忘れていたり知らなかったりします。換気口に水が入ると、そのまま屋内に入ってしまいます。

水道の閉め忘れ

タンク式の高圧洗浄機をレンタルして使う場合も要注意です。2階のベランダにタンクを置いて作業をしており、休憩時に水道を閉め忘れていたということも稀にあります。すると、気づいたらタンクが満水で家の中に水がどんどん入ってくるというトラブルになります。

ちなみに、水道直結式の高圧洗浄機ならそういったトラブルはありませんが、威力が弱いのが難点です。

ぬりマッチなら、専門事業者に手間なく無料相談できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

外壁の高圧洗浄を自分でやる方法は?

先述した基準にしたがって判断し自分で落とせる汚れだった場合は、外壁をどのようにして洗浄すればよいのでしょうか。

外壁高圧洗浄の手順

  1. 近隣への挨拶
  2. 換気口などを養生する
  3. 高圧洗浄
  4. 乾燥

急に高圧洗浄を始めると、周りも驚いてしまいます。周りに迷惑をかけるかもしれないという意識を持ち、隣や近所に高圧洗浄をする旨を伝えましょう。

そして、換気扇や換気口に洗浄水が入らないように養生します。面倒くさいからといって養生を怠ると、甚大な被害になるおそれがあります。

準備ができたら、高圧洗浄に入ります。高圧洗浄する際はカッパを着用し、保護ゴーグルもあれば望ましいです。洗剤を使う場合は、洗剤が目に入ったり、跳ね返りで目を傷つけたりするおそれもあるので注意しましょう。

高圧洗浄の後に塗装を考えているなら、しっかりと乾燥期間を設けましょう。窯業系サイディングはセメントでできているため、表面が乾燥していても湿気を含んでいる可能性があります。湿気を含んだ状態で塗装をすると、外壁と塗料が密着せず、塗料の剥離につながります。少なくとも2日間は乾燥させましょう。

外壁高圧洗浄の作業時間の目安は?

一般的な2階建ての戸建て住宅なら、慣れている人が高圧洗浄すれば、外壁と屋根合わせて8時間程度で完了します。ただし、外壁の汚れ具合や周辺環境、建物形状にもよりますので、一度事業者に相談してみましょう。

一般的な高圧洗浄機でもできる?

外壁の高圧洗浄には、15Mpa(メガパスカル)以上の機械が望ましいです。あまりに圧力が弱いと汚れを除去できませんし、大幅に時間もかかってしまいます。

家庭用の高圧洗浄機の能力は一般的に8~12MPaで、外壁の高圧洗浄に望ましい15MPaには足りません。

また、事業者に依頼しても安心するのは禁物です。中には能力の低い機械で高圧洗浄をする事業者もいます。事業者選定は慎重に行いましょう。

外壁の高圧洗浄の料金相場は?

外壁の高圧洗浄を専門事業者に依頼する際は、料金の見極めが大切です。ここで高圧洗浄料金の相場と、費用を抑えるコツを紹介します。

外壁高圧洗浄の費用は

外壁高圧洗浄の相場は、1㎡あたり100~300円が目安でしょう。特殊な洗剤を用いてもこの幅に収まるのが一般的で、300円を超えると、高いと考えてよいでしょう。

一般的な2階建ての戸建て住宅なら洗浄面積が約120㎡なので、36,000円くらいです。

洗浄時の水道代はどっちが負担?

外壁高圧洗浄は、どんどん水を使用するので水道代が気になります。

「水道代は事業者負担じゃないの?」と思う方がいるかもしれませんが、それは家主負担です。ただ、水道使用量は1時間約600リットルですので、8時間作業をしても4,800リットル。住んでいる地域にもよりますが、水道代に換算する約1,500円なので、そこまで心配する必要はないでしょう。

費用を抑えるなら比較が大切

高圧洗浄の費用を抑えるなら、無理に自分でやるよりも価格を比較することが大切です。いくつかの事業者に相談して決めましょう。ただし、あまりにも価格が安い事業者には注意が必要です。杜撰な工事をするおそれがありますので、その場合は、きちんと作業方法を確認しましょう。

ぬりマッチなら、専門事業者に手間なく無料相談できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

外壁の高圧洗浄に関するよくある質問

外壁の高圧洗浄してもらう費用相場はいくら?
1㎡あたり100~300円が目安です。300円を超えると、高いと考えてよいでしょう。
外壁の高圧洗浄は自分でもできる?
自分で汚れを高圧洗浄で無理に落とそうとすると、外壁を痛めるおそれがあります。そのため、専門家に依頼することをおすすめします。
専門スタッフがサポート まずは無料相談