外壁にカビが生える原因は?カビの防止・除去する方法を解説

外壁のカビ

外壁は風雨にさらされているため、さまざまな汚れがついたり、カビが生えたりすることがあります。家の外観を美しく保つには、定期的なメンテナンスが必要です。

また外壁のカビは外観を損なうだけでなく、建物の劣化を早めたり、アレルギーなどの病気の原因になったりもします。

外壁にカビが生えてしまう原因や予防方法、生えてしまったときに除去する方法を解説します。

外壁にカビが生える原因

カビが発生する条件には、「湿気」、「温度」、「栄養分」があります。以下の3つの条件がそろうと、カビが生えやすくなります。

  • 湿度が80%
  • 気温が20~35℃
  • カビの栄養になる汚れがある

つまり、湿度と気温が高く、汚れがたまっている場所は注意が必要です。家の外壁の場合は、以下の環境だと、カビが生えやすくなります。

  • 日当たりが悪い
  • 植物が家のまわりに多い
  • 壁に凹凸がある

日当たりが悪い

日当たりの悪い外壁は、カビが生えやすくなります。
たとえば隣家との距離が近い外壁は、日が当たりにくい上に湿気がたまりやすいため、カビが生えやすい環境になっています。ほかにも、室外機や物置が近くに設置されている外壁も注意が必要です。

植物が家のまわりに多い

植物にカビの菌が付着していることがあるため、周囲に植物が多いとカビが生えやすくなります。公園が近くにある、庭木が植えられている、家庭菜園が近所に多いという環境は、カビの菌が外壁へ飛んでくるため注意が必要です。

壁に凹凸がある

凹凸のあるデザインの外壁は、カビが生えやすいため注意が必要です。外壁の細かい溝に雨水や汚れがたまって、カビの栄養になるのです。ストライプ柄の窯業(ようぎょう)系サイディングや、細かい凹凸があるモルタル壁があてはまります。

また、外壁にひびが入っている場合もカビが生えやすい状態です。外壁のひび割れなどは、定期的にメンテナンスをしましょう。

建物は外部にさらされており、年月が経つと劣化します。そのため、外壁の塗料には耐久年数があります。定期的に外壁塗装を行えば、外観をよくするだけでなく、建物を保護してひび割れなどを予防できます。

外壁カビの除去方法

高圧洗浄

高圧洗浄

外壁に生えたカビを放置すると、除去しにくくなるだけでなく、建物の劣化を早める原因になります。外壁のカビに気づいたらすぐ対処をしましょう。

ただし自分でカビを除去しようとすると、塗装まで剥がしてしまって、かえってカビの生えやすい状態になってしまうことがあります。そのため、カビの除去を行うときは、専門業者に作業を依頼しましょう。

専門家が行うカビの除去方法には、「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」の2種類があります。

高圧洗浄とバイオ洗浄の比較
  高圧洗浄 バイオ洗浄
洗浄力
かかる時間
カビ再発の防止力
費用

それぞれのカビの除去方法について解説します。

高圧洗浄

高圧洗浄機を使って、高い水圧でカビや汚れを落とす方法です。水では洗い流せないような汚れでも、高圧洗浄であれば落とせる場合があります。

家庭用の高圧洗浄機も販売されていますが、水圧の調整が難しくて外壁を傷つけてしまうおそれがあるため、プロの専門業者に頼むのが安心です。自分自身で行う場合は、以下のことに気をつけてください。

  • 水圧に注意する
  • 1カ所に長時間水圧をかけない
  • ひび割れや、劣化している部分は避ける

バイオ洗浄

バイオ洗浄は薬品を混ぜた水で高圧洗浄を行い、カビを除去する方法です。バイオ洗浄の方が普通の高圧洗浄に比べて、強力な洗浄力があります。また、薬品に殺菌効果があるため、カビの再発防止にもなります。

放置してしまったカビや、高圧洗浄で除去できないカビは、バイオ洗浄で除去しましょう。高圧洗浄より費用はかかりますが、徹底的にカビを除去したい人にはおすすめです。

また、カビの除去に合わせて外壁塗装も行う場合は、カビの除去をすることで塗料の密着度が上がるメリットがあります。

高圧洗浄とバイオ洗浄のどちらを行うのかは、外壁の状態を専門業者に確認してもらって決めましょう。

外壁のカビを自分で除去する場合

外壁に生えたカビがまだ小さいうちは、自分で除去することが可能です。

自分で除去する場合は、まずカビを水で洗い流して、スポンジや布で拭き取ります。専用の洗剤を使って作業してもよいですが、しつこい汚れを無理に取ろうとすると塗料が剝がれてしまうことがあるので気をつけましょう。

塗料が剥がれると、防カビの効果がなくなり、かえってカビが生えやすくなります。

外壁カビの防止方法

カビは一度生えると深くまで根を張ってしまうため、除去するのは大変です。そのため、カビが生えないように、あらかじめ予防することが大切です。

日々の手入れ

カビが生えにくくなるように、日ごろから外壁の手入れをすると効果的です。

日々の手入れとして、お湯を含ませたやわらかい布で外壁を拭く方法があります。カビは熱に弱いため45度以上で死滅させることができます。外壁全体を拭こうとすると大変ですが、日当たりが悪かったり、湿気の高かったりする場所を拭くだけでも効果的です。

凹凸の少ない外壁に変える

外壁の凹凸は汚れや水分がたまりやすいため、凹凸のない外壁に張り替えるのも一つの方法です。

外壁材には、窯業系サイディングや金属系サイディングなど、さまざまな種類があります。中には汚れを雨水で洗い流すセルフクリーニング機能のある外壁材や、そもそも汚れがつきにくい外壁材などがあります。自分でケアする手間を省き、カビの発生を防いでくれるのでおすすめです。

外壁塗装をする

外壁塗装の目的は「外観を美しくする」だけと思われがちですが、そうではありません。外壁塗装で外観を美しくするだけでなく、紫外線や雨風から建物を保護したり、遮熱や耐熱効果を高めたりすることができます。

多くの一般的な塗料には防カビ効果が含まれていますが、高い防カビ効果を求める場合は専用の塗料を使用しましょう。高圧洗浄やバイオ洗浄で外壁をきれいにしてから塗ると、より効果的です。

ほかにも、セルフクリーニング効果のある光触媒塗料もカビの防止におすすめです。手間をかけずに外壁をきれいに保ち、カビの発生を抑えます。

外壁塗装を行う業者は塗装の専門業者だけでなく、リフォーム店やハウスメーカー、工務店などさまざまな業者があります。

複数の業者に相談して外壁の状態を確認してもらい、比較・検討して自宅に合った業者をえらびましょう。

カビ予防には外壁塗装が効果的!塗装業者をまとめて比較できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談