雨漏りの応急処置3選!一時的な対処の方法やその後の対応まで

雨漏りの様子

雨漏りが発生すると、室内に浸入した雨水によって家具や家電に被害が及ぶだけでなく、建物の劣化を早めてしまいます。

できるだけ早く修理をする必要がありますが、業者が修理をするまでに応急処置をして被害の拡大を防ぎましょう。

本記事では、雨漏りの応急処置の具体的な方法を紹介します。また、応急処置後の対応についても確認して、早めの行動を心がけましょう

自分でできる応急処置の方法3選!

雨漏りの応急処置はさまざまな方法がありますが、ここでは主に行われる3つの方法を紹介します。

雨漏りしている箇所をビニールシートで覆う

雨漏りの応急処置では、ビニールシートを使って屋根を覆うことが多いです。

屋根から雨漏りが発生している場合、浸入箇所の特定が難しいです。そのため、屋根全体をビニールシートで覆うことで雨漏りを防げます。しかし高所での作業は危険なため、あまりおすすめしません

ビニールシートは、風で飛ばされないように、土壌や重りを置いて固定します。そのときロープで重りを固定するケースがありますが、屋根の破損につながるおそれがあるのでやめましょう。

ビニールシートで覆った屋根

ビニールシートで覆った屋根

また、ビニールシートで覆ってしまうと、湿気がこもるためカビやこけが発生しやすい状態になります。湿気がこもらないように、晴れた日はビニールシートを撤去しておきましょう。

雨漏りしている箇所を防水テープでふさぐ

雨漏りしている箇所が特定できているなら、防水テープでふさぐ応急処置が有効です。

防水テープ

防水テープ

たとえばトタン屋根に穴が開いている場合、その穴が雨漏りを引き起こしている原因です。雨漏り箇所が特定できるので、防水テープで雨漏りを確実に防げます。

防水テープを貼る場合、貼る箇所の素材との密着性が重要です。

  • 油分がなくなるまで防水テープを貼る部分を洗浄する
  • 防水テープは水の流れに沿って貼る

防水テープとの密着性を高めるため、上記などを意識して施工する必要があります。

ただし防水テープを貼る方法が有効なのは、穴の箇所が特定できている場合のみです。専門業者でも、雨漏りしている箇所の特定は困難な作業であることは理解しておきましょう。

天井が雨漏りして垂れる水はバケツでためる

室内に水が垂れると、床材の腐食や電化製品の漏電、布団やソファーなどが水浸しになるおそれがあります。

応急処置として、水が垂れてくる場所にバケツを置いて室内がぬれるのを防ぎましょう。

雨漏りの水をためるバケツ

雨漏りの水をためるバケツ

しかしバケツを置くだけでは、水しぶきを起こして周囲にはねてしまいます。バケツの底に新聞紙やタオルを敷き、水が周囲にはねない工夫をしましょう

応急処置をしたからと安心していませんか?雨漏りの被害を抑えるには専門家に依頼しましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

雨漏りは放置すると危険!

雨漏りを放置すると、さまざまな問題に発展します。応急処置をしたら、できるだけ早く修理を依頼しましょう。

建物の劣化が早まる

雨漏りをそのままにしてしまうと、建物の劣化の進行が加速します。

特に木造住宅の場合、木材の湿気が多くなると、木材腐朽菌もくざいふきゅうきんが繁殖して腐朽の進行を早めてしまいます。構造体である柱やはりが腐朽してしまうので、建物の寿命を縮めてしまうほどの問題に発展します。

雨漏りで腐った柱

雨漏りで腐った柱

また鉄骨造住宅でも、雨漏りはサビの原因になります。サビが発生すると当然建物の強度が低下するため、耐震性に悪影響を及ぼします。

シロアリ被害が発生しやすい

雨漏りを放置すると、害虫や害獣の被害が発生しやすくなります。

たとえばよく耳にするシロアリは、湿気によって腐食した木材が大好物です。そのため雨漏りによって湿気を多く含む柱やはりは、シロアリの被害に遭いやすくなります。

つまり雨漏りは、湿気によって腐朽だけでなくシロアリの被害も加速させ、建物の耐久性を大きく低下させてしまうのです。

シロアリ被害に遭った家

シロアリ被害に遭った家

またシロアリは木材だけでなく、電線や断熱材もかじることがあります。シロアリの繁殖は、建物の断熱性能の低下や漏電にもつながるおそれがあります。

床がフワフワする場合や建付けが悪く感じる場合は、シロアリ被害にあっているおそれがあります。業者に相談して、シロアリの調査を依頼しましょう。

修理費用がかさむ

雨漏りで建物の劣化が進行すると、当然修理費用が高くなります。

雨漏りによる影響はすぐにわからないため、軽く捉える方がいます。しかし雨漏りはじわじわと建物内部の劣化を進行させるので、時間が経過すると大きな被害となってしまいます。

応急処置をしたから大丈夫と、修理せずに放置するのはやめましょう。

たとえば、屋根の劣化がひび割れ程度であれば、約70万~170万円で修理が可能です。しかし劣化が激しい場合は、葺き替え工事が必要です。葺き替え工事の費用相場は約180万~250万円のため、軽い劣化に比べて2倍近い費用がかかってしまいます。

漏電による火災を引き起こす危険性がある

通常壁内の電気配線は、被覆ビニルによって保護されています。しかし被覆ビニルが雨漏りによって劣化して、さらにその隙間から雨水が浸入することがあります。

劣化した電気配線

劣化した電気配線

水は電気を通しやすい性質を持っているため、感電や火災を引き起こす危険性があります。

  • 漏電ブレーカーが頻繁に落ちる
  • 雨が降ると停電する

上記の場合は雨漏りによる漏電の可能性が高いので、すぐに専門業者に相談してください。

雨漏りは放置すると手遅れな状態に!悩む前にいますぐ一括で見積もり依頼と相談をしましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

応急処置後の対応

応急処置後は、早急に業者に依頼しましょう。自身で修理しようとする方がいますが、雨漏りの修理は非常に困難なためおすすめできません。

修理は素人には難しい

応急処置後の修理は、必ず専門業者に依頼しましょう。

雨漏りの修理は、専門的な知識や技術が求められます。仮に素人が修理した場合、一時的な対処は可能ですが、すぐに雨漏りが再発してしまうおそれがあります。

また、確実性だけでなく、できる限り修理費用を抑えたい場合も、修理業者に依頼するのがおすすめです。自身で修理したほうが安く済みますが、確実な修理ができないと何度も修理が必要です。けっきょくトータルでみると、修理費用が膨れ上がっているという事態になりかねません。

間違った修理をしてしまい被害が拡大するケースも

雨漏りの修理を間違った方法で行ったために被害が広がることがあります。

たとえば、雨漏りをしている箇所に板を貼り付けようと、くぎを打つケースがあります。くぎを打った箇所は穴が開くため、そこから被害が拡大するリスクがあります。

また、むやみに補修材で施工すると、雨水の流れを変えてしまうケースがあります。雨水の流れが変わると、正常に雨水が流れないおそれがあります。その結果雨水が1カ所にたまり、さらなる雨漏りの原因に発展してしまいます。

間違った修理をしてしまう前に業者に依頼しましょう。

業者に依頼する方法

雨漏りの修理は業者に依頼することが大切ですが、だれにどのように依頼したらよいかわからない方もいるでしょう。

築年数があまり経過していない建物であれば、建築した工務店やハウスメーカーに連絡しましょう。

築年数がある程度経過している建物の場合は、自分で工務店やハウスメーカーを探して雨漏りの修理を依頼する必要があります。

しかし、雨漏りで屋根などの劣化が始まっていると屋根をすべて替える必要があるケースもあり、対応できるかは業者によって異なります。そのため、1社ずつ確認するのは手間と時間がかかります。

雨漏りの修理を業者に依頼する場合は、一括比較サイトの「ぬりマッチ」を利用しましょう

ぬりマッチは、外壁や屋根の塗装だけでなく、雨漏りなど屋根の状態に合わせて業者を絞り込めます。複数の業者に一度の手間で相談できるので、満足できる金額や修理内容の業者を見つけられます。

また、平均的な金額も把握できるので、高額な請求をする悪徳業者かどうかも見極められます。

まずは簡単な物件の情報を入力して、雨漏りがあることを報告しましょう。

雨漏りはいますぐ修理しないと危険です!優良な施工会社をすばやく見つけるには一括で見積もり依頼と相談を!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する