積水ハウスに外壁塗装は必要!メンテナンスの時期と費用を抑える方法を解説

更新日:
積水 ハウス 外壁 塗装

積水ハウスで家を建ててから十数年が経過すると、外壁塗装の案内が積水ハウスからくることがあります。しかし、見積もり金額が高いため、依頼するのをためらっている方もいるかといるかと思います。積水ハウスの家は外壁の塗り替えが必要なのか、塗り替えはどこに依頼すればよいのか確認しておきましょう。

築10年以上経った積水ハウスは外壁塗装が必要

積水ハウスの住宅は、独自の外壁材を使用しており高い耐震性と断熱性があります。外壁材にはいくつか種類がありますが、すべての外壁材は時間の経過で劣化が進むため、性能を維持するには定期的なメンテナンスが必須です。

外壁材に使われている塗料は、一部を除いて10年~15年で定期的に塗り直しが必要です

積水ハウスの外壁材とメンテナンス時期

積水ハウスの住宅では、次の外壁材が使われています。

  • SC25セラミックウォール
  • シェルテック・コンクリート
  • セラブリッド
  • ダインコンクリート

それぞれの耐用年数や製品の特徴は次のとおりです。

積水ハウスの外壁材と塗り替えの目安
外壁材の名称 塗り替え目安 詳細
SC25セラミックウォール 約15年
  • セラミックの基材と鋼材のフレームを一体化させた構造
  • 耐火構造外壁として国土交通大臣の認定を受けている
シェルテック・コンクリート 約15年
  • 圧縮強度がコンクリートの2倍
  • 風速60mの強風にも耐えられる
  • 1時間耐火外壁として国土交通大臣の認定を受けている
セラブリッド 約30年
  • 高耐候クリア塗装「タフクリア30」で塗り替えサイクルが30年
  • セラミックの基材と鋼材のフレームを一体化させた構造
  • 840℃の加熱試験に30分耐えられている
ダインコンクリート 約30年
  • 強度、耐久性、耐衝撃性に優れる
  • 表面が840℃に達しても、室内側の壁面温度を40℃以下に抑える
  • 防火構造として国土交通大臣の認定を受けている
  • 高耐候クリア塗装「タフクリア30」で塗り替えサイクルが30年

積水ハウスの外壁の塗り替えの目安は、「タフクリア30」を採用している「セラブリッド」「ダインコンクリート」では約30年です。一方、「SC25セラミックウォール」「シェルテック・コンクリート」では約15年です。

ただし、日当たりや気温差など建物の立地条件によって耐久性が大幅に変わるため、外壁にあらわれている症状で劣化の具合を確認しましょう。

チョーキング現象が起きている

外壁のチョーキング現象

外壁のチョーキング現象

チョーキング現象は、外壁の塗料が劣化して粉状になる現象のことです。外壁を手で触ると白い粉がつくのが特徴です。建物の立地にもよりますが、塗装してから約5~8年で発生します。

外壁塗装の劣化が始まったことを知らせるサインのため、チョーキング現象が起こってもすぐにメンテナンスが必要になるわけではありません。積水ハウスでは、引き渡しから3カ月・1年・2年・5年・10 年・15年・20年・25年のタイミングで専任スタッフが訪問して定期点検を実施します。チョーキングの症状に気付いたら、担当者に相談してみましょう。

外壁のヒビ割れ

外壁のひび割れ

外壁のひび割れ

塗料の劣化が進行すると、外壁のヒビ割れが発生します。塗装の劣化で防水性が低下すると、外壁に雨水などの水分が染み込みやすくなります。結果、外壁に水が染み込むことで膨張して、乾燥することで収縮します。この繰り返しに外壁が耐えられなくなり、ヒビ割れが起きてしまうのです。

ヒビ割れといっても症状はさまざまで、ヘアクラックと呼ばれる幅0.3㎜以下、深さ4mm以下の髪の毛のような細いものであればメンテナンスは必要ありません。

しかし、ヘアクラック以上のヒビ割れが発生した場合は、注意が必要です。放置するとヒビ割れが進み、水分が建物内部に侵入して建物そのものの劣化が早まるおそれがあります。そのため、大きなヒビ割れを見つけたら、早急にメンテナンスを依頼しましょう。

外壁のヒビ割れについては下記の記事をご確認ください。

カビやコケの発生

外壁のカビ

外壁のカビ

外壁塗装が劣化するとカビやコケが発生します。塗料が劣化することで、外壁の表面に水分やゴミが溜まり、カビやコケが繁殖しやすい環境になるためです。

カビやコケは常に湿っている状態のため、繁殖している場所の外壁の劣化を早める原因になります。カビやコケの発生は家の外観が悪くなるだけでなく、放置すれば外壁の寿命を縮めてしまうため、早めに外壁塗装を検討しましょう。

お気軽にお問い合わせくださいね。
私、白井が全力でサポートします。

今すぐ無料相談する

今すぐ無料相談する

積水ハウスの外壁塗装にかかる費用

外壁塗装を積水ハウスで行った場合の費用は、約110万円~160万円です。
一般的な外壁塗装にかかる費用は、約90~140万円になるため、積水ハウスの外壁塗装は割高です。

その理由は次のとおりです。

  • オリジナル塗料の材料単価が高い
  • 積水ハウスの中間マージンがかかる
  • 4度塗りをするので人件費と材料費がかかる

それぞれの理由について解説していきます。

オリジナル塗料の材料単価が高い

積水ハウスの外壁塗装では、オリジナルの塗料が使われています。

一般的な市場には出回っていないため、積水ハウスが設定した価格になります。オリジナルの外壁材に合った塗料になるため、仕上がりや耐久性について問題はまったくありません。

また、外壁に合わせてカラーを調合するので、塗り替え後の違和感が少ないのも特徴です。ただし、オリジナル塗料と同等の性能を持つ塗料もあるため、積水ハウス以外の施工会社に依頼することで価格を抑えることが可能です。

積水ハウスの中間マージンがかかる

外壁塗装を積水ハウスに依頼した場合、積水ハウスのグループ会社である「積水ハウスリフォーム株式会社」が施工します。さらに積水ハウスリフォームは、提携している施工会社に塗装工事を依頼します。

積水ハウスと積水ハウスリフォームの中間マージンが発生するため、施工会社に直接依頼する場合と比べて費用が高くなるのです。

4度塗りをするので人件費と材料費がかかる

積水ハウスの外壁塗装は、4回塗りが基本です。一般的な外壁塗装は3回塗りが基本になっているため、塗装の回数が1回多いです。そのため、塗装に必要な塗料の量が増えるだけでなく、作業員を確保する日数も増えるため、費用が高くなります。

ハウスメーカー以外の施工会社で外壁塗装をするときの注意点

積水ハウスの外壁塗装は、積水ハウスリフォーム以外の施工会社に依頼することも可能です。ただし施工会社を選ぶときには、注意すべき点があります。どのような点に注意するべきか確認しておきましょう。

積水ハウスの外壁塗装をした実績がある

施工会社を選ぶ条件として必須なのが、積水ハウスの外壁塗装の実績です。積水ハウスの外壁塗装は特殊なものが多く、既存の塗装を適切に処理してからでないと新しい塗料が定着せず、すぐに剥がれることがあります。

積水ハウスの外壁塗装をしたことがある施工会社であれば、知識や経験を持っている可能性が高いです。そのため、外壁塗装を依頼する前に必ず積水ハウスの施工実績を確認しましょう。

複数社の施工会社を比較する

外壁塗装の施工会社によって費用が異なります。そのため、外壁塗装を依頼する前に施工会社の比較が必須です。しかし、いざ外壁塗装を依頼する先を探そうと思っても、1社ずつ問い合わせるのは手間も時間もかかります。

施工会社へ問い合わせる手間を省きたい方は、一括比較サイトの「ぬりマッチ」を利用しましょう。

ぬりマッチは、家の状態を一度入力するだけで、複数の施工会社に見積もりを依頼できるサービスです。複数の見積もりや提案、担当者の対応を比較すれば、信頼して任せられる施工会社を見つけられます。

【完全無料】ぬりマッチで複数社に見積もり依頼して比較しましょう!

今すぐ無料相談する

今すぐ無料相談する

私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する