外壁は掃除ブラシできれいになる?届かないときの対策や注意点とは

デッキブラシとバケツ

外壁には、排気ガスやほこりなどによって常に汚れが溜まります。そのため、外壁の耐久性や美観を保つためには、定期的に掃除をすることが大切です。

大掛かりな清掃であれば業務用の子圧洗浄が必要ですが、ある程度の汚れであれば、ブラシを使って掃除するだけでも効果が期待できます。そこで今回は、外壁の掃除ブラシや汚れの種類に合わせた注意点について解説します。

そもそも、外壁の汚れはブラシできれいになる?

外壁の汚れは建物の立地条件や外壁材の種類によってさまざまです。まずは、ブラシできれいになる汚れや掃除方法について解説します。

汚れの種類

ブラシを使った掃除で外壁の汚れがきれいになるかどうかは、汚れの種類によって異なります。

ブラシできれいになる汚れ

  • 排気ガスやほこりによる汚れ、黒ずみ
  • 雨だれ
  • カビやコケ

交通量の多い道路に面した外壁では、排気ガスなどによる黒い汚れが目立つようになります。症状が軽いうちは簡単にきれいになりますが、ブラシでは届きにくい軒天付近に汚れが集中することも多いため、掃除の仕方には工夫が必要です。

また、白色の外壁や塗り壁などではサッシ周りに発生する雨だれが目立つことがあります。雨だれとは、窓の横から垂れる細い黒ずみのこと。サッシに溜まったほこりが雨と一緒に流れることで起こります。

カビやコケも、表面的なものであればブラシできれいにできます。

ブラシではきれいにならない汚れ

  • サビ
  • その他、放置された頑固な汚れ

外壁の表面がサビている場合は、やすりなどで削りとる必要があります。

また、雨だれやカビ、コケであっても、奥深くにまで浸透している場合は、ブラシ掃除では効果がありません。この場合には、事業者などが行う高圧洗浄機などの掃除が必要です。高圧洗浄でもきれいにならない場合は、バイオ洗浄など別の方法を採用することもあります。

汚れに限らずブラシでは落とすことができない外壁ダメージについては、後ほど詳しく解説します。

道具の選定が大事

外壁の汚れをブラシできれいにするには、道具の選定が大事です。外壁の種類に合わせて、ブラシの形状や素材、硬さなどを調整する必要があります。ブラシの選定について、詳しくは後述します。

選定が難しいという方は、スポンジやわらかいブラシから始めるとよいでしょう。

外壁材の汚れの程度によっては、やわらかいブラシではきれいにならないこともありますが、硬いブラシを使用すると、外壁材を傷めてしまったりコーキングなどの防水部分の劣化を早めたりするリスクがあります。トラブルを避けるためにも、なるべく安全な道具から始めましょう。

ブラシを使った掃除方法

掃除の手順は、以下のとおりです。

  1. 水洗い
  2. 洗剤とブラシで洗浄
  3. (汚れが落ちなければ)高圧洗浄機を使用

水洗い

ブラシ掃除で最初に行うのは、散水による水洗いです。土ほこりや黄砂、鳥のフンなど簡単な汚れであれば、水洗いだけでも汚れを落とすことが可能です。

洗剤とブラシで洗浄

次に、水洗いでは落としきれない汚れを、専用の洗剤とブラシを使って掃除をします。

ブラシで掃除をするときは、外壁のコーキング部分やサッシ周りは慎重に作業しなければ、外壁を傷めてしまうので要注意です。洗剤は、汚れの種類に合わせて選択しましょう。

洗剤を使って掃除を行った後は、丁寧に水洗いをしましょう。外壁用の洗剤であっても、十分に洗い流さないと外壁材を劣化させてしまう可能性があるからです。

高圧洗浄機の使用

ブラシを使ってもきれいにならない汚れがあれば、高圧洗浄機などの電動ブラシを検討する必要があります。

高圧洗浄機などを使う場合には外壁材によって圧力の調整などが必要です。最適な圧力を見極めて掃除することは難しいので、自分で行うのではなく事業者に依頼したほうがよいでしょう。

外壁の傷や汚れによっては塗装が必要なことも。状態の見極めのためにも、まずは専門事業者に相談をしましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

外壁掃除に適したブラシとは?

外壁をブラシで掃除するには、汚れの種類や程度に合ったブラシを選ぶことが大切です。ここで、ブラシの特徴と用途を整理しましょう。

伸縮ブラシ

伸縮ブラシは、高い場所の汚れを掃除するのに適しています。伸縮ブラシなら、1~2メートルの長さに柄を調整して掃除できます。

非常に便利ですが、最大限に延ばして掃除するときは、ブラシの種類によっては適切に力が伝わないことがあります。

また、一般的な住宅の高さは1階部分で約3メートル、2階建ての場合には1番高い壁で6メートル近い高さになります。伸縮ブラシを使っても届かないことが多いので、その場合は脚立や梯子を使って掃除する必要があります。

ただし、脚立や梯子を使った外壁掃除では落下の危険があるのでおすすめできません。届かない場合は、事業者への依頼も検討しましょう。

通水ブラシ

通水ブラシは、外部水栓につないだホースとブラシを接続することで、水を流しながら掃除ができるブラシです。常に水を流しながら掃除ができるため、頑固な汚れにも対応できます。

通水ブラシを使用する場合は、建物の隅々までホースを届かせる必要があります。外部水栓の設置場所やホースの長さを考慮して選びましょう。

電動ブラシ

電動ブラシには、単体で使用できるブラシと、高圧洗浄機に接続して使用するブラシの2タイプがあります。

単体で使用する電動ブラシはブラシ部分が重いため、外壁掃除のように高い場所で長時間使用するには、かなりの労力が必要です。一方で、高圧洗浄機に接続して使用するブラシは、本体となる高圧洗浄機が必要ですが、ブラシ部分の重量が軽いため、外壁の掃除に適しています。

ブラシの形状には、一般的なデッキブラシタイプのほかに、回転式ブラシもあります。広範囲の掃除をする場合、回転式のブラシのほうが効率よく作業できます。

掃除では対処できない外壁のダメージとは

壁のひび割れ

外壁のメンテナンスとして、ブラシなどを使った掃除では対処できないダメージが発生していることもあります。

外壁の変色や色褪せ

外壁の塗膜は、時間とともに性能が劣化していきます。その劣化症状のひとつが、部分的な変色色褪せです。外壁の変色や色褪せ(つやが引けた状態)は、ブラシを使った掃除では対処できません。

部分的な変色が起こっている場合には、その部分に長期間に渡って汚れが付着していた可能性があります。塗膜が適切な環境に置かれていないことで、撥水性やセルフクリーニング機能などが働ず、周囲よりも劣化が進行していると考えられます。

また、色褪せが進行すると、劣化した塗膜が粉状になって付着するチョーキング現象が起こります。チョーキング現象が起こっている外壁においては、ブラシによって劣化した塗膜を洗い流すことはできます。しかし、古い塗膜を洗い流した状態で放置してしまうと、サイディング材の劣化につながります。チョーキング現象はメンテナンス時期の目安になるため、外壁塗装を検討したほうがよいでしょう。

外壁のひび割れやクラック

外壁のひび割れやクラックは、掃除によって対処できません。水洗いをすることで症状を悪化させてしまう可能性もあります。

外壁のひび割れやクラックは、外壁材の経年劣化のほかに外的な要因によっても起こります。ひび割れやクラックが起こっている外壁材は、素材自体の耐久性が低下している可能性もあります。そのまま放置すると、その下の素材がボロボロになることもあるので、一度専門の事業者に診断してもらいましょう。

コーキングのひび割れや剥がれ

サイディング材のジョイントやサッシ周りのコーキングのひび割れや剥がれは、掃除によって対処できません。

コーキング材に付着した汚れなどは掃除によって洗い流すことができます。しかし、コーキング材の劣化は、掃除ではなく増し打ち打ち替えといった専門の工事が必要になります。

ぬりマッチなら、専門事業者に手間なく無料相談できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談