屋根塗装で足場なしは違法?足場が必要な理由と費用の相場について

足場を設置した様子

事業者に屋根塗装の見積もりを出してもらったら、想定していたよりも金額が高かったという経験はないでしょうか。見積もりの項目の中でも特に高額なのが足場代です。一般的に、屋根塗装や外壁塗装の見積もりには足場代が含まれています。

足場は仮設工事であり、最終的には残らないものなので、可能であれば省きたいと考える方も多いでしょう。本当に屋根塗装には足場が必要なのでしょうか。

この記事では、屋根塗装に足場が必要な理由や屋根塗装の費用相場について解説していきます。

足場なしでの屋根工事は違法なのか?

結論として、屋根塗装に足場は必要です。しかし、屋根塗装を足場なしで行った場合、違法になるような法律などはあるのでしょうか。ここでは屋根工事における法律や足場なしで屋根塗装ができるケースについて紹介していきます。

屋根工事の足場に関する法律はある?

現場の作業員の安全を守る法令として、厚生労働省による労働安全衛生規則があります。屋根工事については518条に以下のような記載があります。

事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の幅、開口部等を除く。)で作業を行う場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない

事業者とは、労働者を雇用している雇用主のことです。労働安全衛生規則では、現場で作業員の安全を守るために、このほかにもさまざまな規定がされています。

屋根工事は2階建てであれば6〜8mの高さになりますので、足場なしで工事をしようとすると、法令に抵触するおそれがあります。

足場なしでも屋根塗装ができるケースとは?

それでは屋根塗装をする場合には、絶対に足場が必要になるのでしょうか。

実は足場を必要としない場合もあります。それは陸屋根や屋上を塗装する場合です。これらの屋根は墜落するおそれがないので、足場を設置する必要がありません。

陸屋根とは、勾配のない水平な屋根のことをいいます。先ほどの労働安全衛生規則の中で、「墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは」と記載がありましたが、陸屋根での作業はこれに該当しないので足場は不要とされています。

陸屋根の家

陸屋根の家

勾配屋根の塗装には足場が必要であり、陸屋根には不要だと覚えておきましょう。

無足場工法とは

無足場工法とは、ゴンドラや高所作業車により、足場を設置せずに作業ができる工法です。ただし、無足場工法を行うにはいくつか条件があったり、作業内容によっては作業が非効率になったりします。

たとえば、高所作業車を設置できるスペースや、屋上に置く特別な設備が必要です。また、足場での作業と比べると、作業効率が下がるので屋根塗装のように全体を工事する場合には不向きだといえます。作業効率が低下すると塗装単価が上がり、足場を設置する場合より費用が高くなってしまう場合もあります。

そのため、無足場工法は、外壁の劣化状況を調査する場合や外壁の部分補修をする場合に使用されることが多いです。

屋根塗装に足場が必要な理由

屋根塗装に足場が必要な理由は、作業員の安全を守るためだけではありません。足場には工事を発注する家主を守る役割などもあります。ここからは屋根塗装に足場が必要な理由について詳しく解説します。

塗料や高圧洗浄の飛散を防ぐ

屋根塗装で使用する塗料は、風が吹けば簡単に周りへ飛散してしまいます。足場があれば、足場に養生シートを張り周りへの塗料の飛散を防ぐことができますので、安心して工事を進めることができます。

「吹き付けではなく、ローラーなら風が吹いても塗料が飛散しないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、ローラーでも塗料は簡単に飛散するので注意しましょう。

また、塗装をする前に行う高圧洗浄にも足場の養生シートは効果的です。養生シートがないまま高圧洗浄を行うと、近隣の建物に大迷惑をかけるおそれがあります。

屋根塗装を行う際は、自分の家だけでなく近隣の方々への配慮も必要でしょう。

周りへの視線に配慮

自分の家が屋根塗装をしている場合は気にならないかもしれませんが、近隣の住民からすると、隣の家の屋根塗装をしている作業員の目線が気になるものです。2階の窓を開けた際に作業員と目が合うと「見られているのではないか」といった不安を抱く人もいるでしょう。

これも足場を設置し養生シートを張ることで、視線を遮ることができるので、周りに不安を与えることもなくなるでしょう。

施工不良をなくす

足場なしで屋根塗装をすると、塗装の品質が低下します。特に、足場がないと、最も重要な端部の作業が非常にやりにくいので、雨漏れといった不具合を引き起こすおそれがあります。作業員も不安定な体勢では品質の良い作業ができないので、建物の品質を担保するという意味でも足場は必要です。

また、足場があると作業の様子を見に行けるというメリットもあります。どのような作業をしているか、何の塗料を使っているかなど自分の目で確認できますので、足場は設置した方がよいでしょう。

ぬりマッチなら、屋根塗装の専門事業者に手間なく無料相談できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

屋根塗装の費用相場はどれくらい?

屋根塗装を事業者に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここからは屋根塗装の費用相場や足場費用の相場など解説していきます。

屋根塗装の費用相場は?

屋根塗装の費用相場は、2階建ての一戸建てであれば約40万〜60万円です。

屋根塗装の費用の項目としては、大きく以下の3つに分けることができます。

  • 塗料の材料費
  • 人件費
  • 足場組立費

総費用で見てしまうといまいち感覚が掴みにくいので、項目ごとに見積もりを確認することをおすすめします。

塗料の材料費であれば、何の塗料を使うことを想定しているかきちんと確認しましょう。塗料にもアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などさまざまな種類があります。この中では、アクリル系が最も耐候性が低く安価で、フッ素系が最も耐候性が高く高価です。ご自身の予算や今後のライフプランに合わせた塗料選定を行いましょう。

屋根塗装の足場費用の相場は?

足場の費用については、1,000円/㎡というのが一般的です。以下の式でおおよその費用を算出できます。

(建物の外周+8m) × 建物の高さ × 1,000円

一般的な30坪、2階建てのご家庭なら足場代は約15〜20万円でしょう。

足場の組立は、足場組立作業主任者といった特別な資格を要しますので、足場専門会社に外注する場合がほとんどです。また墜落の危険を伴う作業でもあるので、ほかの職種と比較し、作業員一人当たりの費用も高い傾向にあります。

足場代が無料になるのはあり得ない?

前述したとおり、足場の費用は決して安いものではありません。世の中には「足場代無料」と謳っている事業者も存在しますが、足場代が無料になることはあり得ません。仮に見積もりの記載で足場代が無料になっていたとしても、その分の費用は経費や塗装費といったほかの項目に上乗せしていますので注意してください。

そういった事業者に限って、契約後に「想像以上に劣化状況がひどいので追加が発生する」といって金額の追加を要求してきたり、杜撰な工事をしたりする可能性があります。

足場の費用は必要経費と割り切り、足場を有効に活用できる方法を検討することが大切です。

また、外壁と屋根の塗装を同時に行えば、足場代を節約することができます。いろいろな提案をもらってから決めても遅くないので、一度事業者に相談してみてはいかがでしょうか。

外壁や屋根の塗装は比較が大切です。無料一括査定で見積もり依頼や相談をしましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

屋根塗装の足場に関するよくある質問

屋根塗装で足場なしは違法?
労働安全衛生規則という現場の作業員の安全を守る法令があるため、屋根の高さによっては、足場なしで工事をしようとすると、法令に抵触するおそれがあります。
屋根塗装の足場費用の相場はどれくらい?
1㎡あたり1,000円が目安です。一般的な30坪、2階建てのご家庭なら足場代は約15〜20万円でしょう。
専門スタッフがサポート まずは無料相談