外壁塗装が剥がれる原因とは?塗装が剥離した際の補修方法を解説

業者が外壁を確認している様子

家の外壁塗装は、少しずつ劣化して剥がれます。どのような原因で外壁塗装が剥がれてしまうのか、塗装が剥がれてしまった際の補修方法を解説します。
大事な家の価値を守るために、把握しましょう。

外壁塗装の剥がれ、浮きの原因

家の外壁塗装は、紫外線や雨、風、気温の変化によるダメージを蓄積しています。
「外壁塗装が剥がれてしまった」、「外壁塗装が水ぶくれのように浮いてきた」このような状態になる原因は、以下の通りです。

  • 塗料の耐久年数を超えている
  • 施工不良

それぞれについて解説します。

塗料の耐久年数を超えている

外壁に使われる塗料には、耐久年数があります。塗料の種類で耐久年数は異なります。
以下の表が、塗料の種類と耐久年数です。

塗料の耐用年数(外壁)
塗料の種類 耐用年数の目安(年)
ウレタン 8~10
シリコン 10~15
ラジカル 12~15
フッ素 15~20

技術が進歩し、20年近くもつ塗料が開発されましたが、永久に使える塗料はありません

外壁の塗り替えは、10年ごとにおこなうことが推奨されています。地域によって異なりますが、海が近い地域や豪雪地帯では外壁塗装に与えるダメージが大きく、耐久年数よりも早く劣化の現象が見られます。

施工不良

外壁塗装をおこなって2年、3年で、剥がれたりしている場合、施工不良の可能性が高いです
以下のような施工不良があった場合、外壁塗装が剥がれてしまいます。

  • 高圧洗浄・下地処理が不十分だった
  • 外壁材に適した塗料を使っていない
  • 塗料メーカー規定の塗布量を守っていない

それぞれの項目について解説します。

高圧洗浄・下地処理が不十分だった

外壁塗装工事では、塗装を行う前に、高圧洗浄と下地処理を行います。
この工程ではきれいに塗料を塗るために、汚れを落とし、溝を埋めます。この作業が雑だと、外壁材と塗料の間にゴミが残ってしまいます。その残ったゴミが原因で塗装が剥がれます。

外壁材に適した塗料を使っていない

外壁材には、さまざまな種類があります。外壁材と塗料が適さないこともあるため、確認が必要です。
適さない塗料では、外壁材と塗料の密着が弱く、剥がれやすいです。

塗料メーカー規定の塗布量を守っていない

塗料には、塗料メーカーが定めた塗布量があります。塗布量とは、塗装を行う際にどのくらいの量を塗れば良いか定めた値です。塗布量を守ることで、適正な厚みの塗膜が形成され、塗料の性能を発揮します。
塗布量を守らない場合、塗膜が薄くなり、期待した効果が得られず、剝がれやすいです。

施工不良を防ぐために、以下のことに気をつけるようにしましょう。

  • 信頼できる塗装業者に依頼する
  • 工程表を確認する
  • 工事に立ち会う

信頼できる塗装業者に依頼することが、第一です。見積もりの金額の根拠や質問した際の対応などで判断しましょう。
工程表を確認し、工事に立ち会うことで、職人さんに緊張感が生まれ、仕事の質も上がるでしょう。しかし、過度な緊張感はミスを誘発しますので、適度な緊張感を保ちましょう。

施工不良の場合の対処法

施工不良の場合、瑕疵(かし)として、補修を請求できます。瑕疵とは、隠れた欠陥であり、完成時にはわからなかった欠陥のことです。
施工業者は、瑕疵担保責任を負います。瑕疵があった場合に、その補修を無償でする責任を負います。瑕疵担保責任には期間が定められており、1年から2年であることが多いです。
工事の契約書を確認し、工事業者に連絡しましょう。

瑕疵担保責任を過ぎている場合、工事業者に無償で補修してもらうことが難しいです。
その際は、別の塗装業者にすぐに補修を依頼しましょう。

外壁塗装が剥離した場合の悪影響

剥がれた外壁塗装

剥がれた外壁塗装

外壁塗装が剥がれた場合にどのような悪影響が出るかを解説します。
以下の悪影響があります。

  • 家の美観を損なう
  • 塗料の機能が低下する
  • 家の外壁材・構造体が脆くなる

見た目を阻害するだけでなく、家の構造体にも大きな影響を及ぼします。

家の美観を損なう

外壁塗装が剥がれてしまうと、家の美観が損なわれます。経年劣化によって色があせたり、塗装が剥がれてしまうと、家の価値が下がってしまいます

塗料の機能が低下する

塗料が剥がれてくることで、塗料の機能が低下します
遮熱機能などが低下すると、家の中の快適性が損なわれます。

家の外壁材・構造体が脆くなる

塗料が剥がれてしまうと、防水機能がなくなります。外壁材・構造体は、防水ではありません。塗料を塗って、水から守ります。
外壁塗装が剥がれることで、外壁材や構造体が雨にさらされます。カビや腐食が進み、脆くなると、非常に危険です。

外壁塗装が剥がれてしまうと、さまざまな悪影響があります。
外壁材・構造体まで悪影響が出ると、補修に莫大な手間と費用がかかります

外壁塗装の剥がれがあったら速やかに補修しましょう。

剥がれたり浮いたりした外壁塗装の補修方法

剥がれた外壁塗装は、速やかに補修する必要があります。
補修の方法は、以下の通りです。

  • 一部のみ補修
  • 全体を補修
  • DIYで自分で補修する

それぞれについて、解説します。

一部のみ補修

外壁塗装の剥がれてる箇所が小さい場合、剥がれている箇所のみを補修します。
剥がれている箇所の周辺を洗浄と下地処理を行い、塗料を塗ります。

足場を組む必要がなければ、数万円でできます。足場を組んでの作業の場合、数十万円かかります。

全体を補修

剥がれている箇所が一部でも、外壁塗装全体が劣化している場合は、外壁全体を塗り替える必要があります。外壁塗装をすべて剥がしてから、塗装します。

約40万円かかりますが、外壁の状況や家の大きさによって値段は大きく変わります。大きい家の場合、100万円を超すケースもあります。

DIYで自分で補修する

剥がれている箇所が小さく、高いところでない場合、DIYで自分で補修できます。自分で補修する場合、ホームセンターですべて道具は揃います。
費用も、5,000円程度で済みます。

しかし、難しい作業が伴い、すぐに塗装が剥がれてしまうこともあります。

業者に頼むのが無難

外壁塗装の剥がれた箇所が小さくとも、全体が劣化している場合があります。
専門の業者に判断してもらわないと、危険な状態であることがわからないです。

自分でできる範囲でも、塗装業者に相談し、判断してもらいましょう。
長く、安全に家の価値を守るためにも、外壁塗装に剥がれがあったら、塗装業者に速やかに相談しましょう。

外壁塗装が剥がれた際の補修の方法は理解できましたか?補修に必要があるか、塗装業者に相談して、長く安心して住める環境を整えましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談