外壁の塗り替えについて分かりやすく解説。家の壁を塗り替える理由

外壁塗装の写真

家の壁を塗り替えたいと考えている方でも、塗り替えることで得られる効果や、塗り替え工事がどういった流れですすめられるのか知らない方は多いと思います。
ここでは家の壁を塗り替える理由から工事の流れまで、基本的な知識をご紹介します。

外壁の塗り替え理由

外壁の塗り替えは、約10年ごとに一度必要なメンテナンスといわれています。では、なぜ10年に一度必要なのでしょうか。外壁の塗り替えには、以下の5つの理由があります。

  • 外観を美しくするため
  • 遮熱や耐熱のため
  • 防水のため
  • 外壁の劣化を抑えるため
  • 資産価値を守るため

ここからは、それぞれの理由について細かく解説します。

外観を美しくするため

外壁を塗り替える理由として、もっともわかりやすいのが「外観を美しくするため」です。外壁は厳しい環境下にさらされることで劣化していきます。

たとえば、外壁の塗り替えの時期の目安は10年程度と言われています。塗装してから10年以上経過する場合、経年劣化によって、塗装の剥がれや色褪せが目立つようになります。そのため、新築時の状態に比べると古く暗い印象になってしまいます。

外壁を塗り替えることで、新築時のような美しい外観を取り戻すことができます。定期的に塗装工事することで、新築時のような美しい外観を保つことができます。

他にも、外壁をこれまでとは違った色にすることで、新たな雰囲気を楽しむこともできます。また、、近隣住民にも良い印象を与えることができるでしょう。

遮熱や断熱のため

外壁を塗り替えることは、外観だけでなく遮熱や断熱の効果を付加できるメリットもあります

たとえば、遮熱性能に優れた塗料は太陽光を反射してくれます。太陽光を反射することで、外壁の表面温度の上昇を低減してくれます。外壁に熱が溜まらなくなるため、室内への熱の侵入を防いでくれます。

また、断熱性能に優れた塗料は熱伝導を抑えてくれます。断熱性能に優れた外壁は熱が伝わりにくく、夏の時期は室内の涼しさを保ち、冬の時期は室内の暖かさを保ちます。

遮熱性能と断熱性能はそれぞれ異なる性質なので、間違えないように注意する必要があります。遮熱性能は外からの太陽光を反射させる効果です。断熱性能のように室内の温度を逃がさないといった効果は期待できません。また、価格も断熱性能の方が高くなります。
自分のニーズに合った施工を選択しましょう。

防水のため

外壁の塗り替えは防水機能を維持する上でも重要です。塗装材を塗ることで外壁の上に塗膜を作ることができます。
この塗膜が雨水や湿気から外壁材を守ってくれるのです。

経年劣化によって、塗装材の防水機能が低下します。
防水機能が低下すると、雨水や湿気が外壁に溜まりやすく外壁の劣化の進行を早める原因となります

また、外壁の劣化が進むとひび割れが発生して、柱や梁など重要な構造体まで劣化させてしまいます。構造体が劣化してしまうと建物全体の耐久性にも関わってきます。

このように、塗装の防水機能は建物を長く維持する上でも重要な役割を果たします。大切な住まいを長く使用するためにも、外壁の塗り替えは必須です。

外壁の劣化を抑えるため

外壁塗装は雨水や湿気だけでなく太陽光によっても劣化します。特に、紫外線による外壁への影響は大きく、紫外線を受け続けることで酷く劣化するおそれがあります。
紫外線による代表的な劣化は以下のとおりです。

  • チョーキング現象
  • 塗装の色褪せ
  • 外壁材のひび割れ
  • 塗装の剥がれ

紫外線は塗料に含まれる顔料を分離させます。顔料が分離することで、外壁の表面に白い粉が吹き出すチョーキング現象が起こってしまいます。また、顔料の分離は塗装の色褪せの原因にもなるため、家の見栄えを悪くします。

たとえば、南面だけ色褪せが目立つことがあります。これは、南面が他の方面に比べてより多くの紫外線を受けるからです。こうした紫外線の影響を受けた塗装を塗り替える必要があります。

資産価値を守るため

外壁塗装は資産価値を守ることにも繋がります。先ほども説明しましたが、外壁塗装を行うことで外観の見た目や機能性、耐久性を保つことができます
結果、建物の寿命を延ばすことに繋がるので資産価値の維持に繋がるでしょう。

また定期的に塗装工事を行った住宅は、塗装工事を行っていない住宅に比べて資産価値も高くなります。そのため、将来的に住宅を売却する際は高く売れることを期待できるのです。他にも、長く住み続ける場合にメンテナンス費用を抑えるといったメリットもあります。

たとえば、外壁塗装を定期的に行っていない住宅は、雨漏りや外壁の劣化など深刻な被害が発生します。すると外壁塗装だけでなく、その他の大規模な工事が必要となるため、工事費用が莫大になってしまうのです。

定期的に塗装工事を行うことは、資産価値を守ることやメンテナンス費用を抑えることに効果的です。

外壁の塗り替えの流れ

外壁塗装の様子

外壁の塗り替えは住まいを劣化から守るためにとても重要です。しかし、いざ塗装工事を始めるとなるとどのような流れで進んでいくのか気になるでしょう。
そこで以下に外壁の塗り替えの流れについて解説します。

塗装業者の決定

まずは施工をどこの塗装業者に依頼するのか決めます。また、業者を選定する際は複数の業者を比較するのがおすすめです。なぜなら、塗装業者に相場よりも大幅に高い費用を請求されるケースがあるからです。

複数の業者から見積書をとることで比較することが可能です。おおよその費用相場や適切な料金の基準を把握できるため、相場からかけ離れた金額を提示する業者を見極めることができるでしょう。
一括査定サイトなら複数の塗装業者に見積もり依頼と相談が無料でできますので、ぜひ利用しましょう。

塗装プランの決定

業者が決まれば塗装プランの打ち合わせに進みます。塗装プランの打ち合わせの際に、現状の悩みや色のイメージを聞かれるので事前に準備しておくとスムーズに打ち合わせがすすむでしょう。

たとえば、室内が暑くなりやすいので改善したいと相談すると、遮熱性能のある塗料を紹介されます。また、色のイメージをある程度固めておくと次回の打ち合わせの際に塗料サンプルをもらえることがあります。実物を見て判断できるので、色を決めやすくなります。

足場の設置

塗料が決まったら、足場を設置します。足場を設置する前に近隣に挨拶回りをします。足場を設置する際の騒音で近隣の住民に迷惑をかけてしまうからです。

また、敷地が狭いと足場の部品を運ぶ工事車両が道を塞いでしまうケースもあります。

後々トラブルにならないためにも、設置前に挨拶回りを行います。

塗装工事の流れ

足場の設置が完了するとようやく施工に入ります。塗装工事の主な流れは以下のとおりです。

  1. 高圧洗浄によって外壁の洗浄
  2. 下地・コーキング処理
  3. 塗装下塗
  4. 塗装中塗
  5. 塗装上塗
  6. 足場の解体及び周辺の清掃

一般的に外壁塗装の期間は7~10日間と言われています。ただし、建物の規模や天候によって左右されるため、1カ月以上かかる場合もあります。

塗り残しや色のムラ、凹凸、打ち合わせ通りの仕上がりになっているかを確認しましょう。もし完了検査で不備が見つかれば業者に手直ししてもらます。
問題がなければ完成です。

外壁塗装を行う理由について理解できましたか?こちらから、複数の業者に一括で、見積もり依頼と相談をしましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談