外装塗装のデメリットには何がある!?トラブルなく塗り替える方法!

外壁 塗装 デメリット

外壁塗装は家の見た目をきれいにするだけでなく、家を雨水などから守るために欠かすことができません。しかし外壁塗装には、メリットだけでなくデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか、外壁塗装を検討している方は確認しておきましょう。

外壁塗装のデメリット

外壁塗装のデメリットには、次のものが挙げられます。

  • 仕上がりがイメージと違う
  • 施工不良によるトラブル
  • 近隣住民とのトラブル
  • 工事中は日常生活が制限される
  • 数十万から数百万単位の費用がかかる

家の外壁塗装を安全に進めるためにも、それぞれのデメリットについて詳しく確認しておきましょう。

塗装の仕上がりがイメージと違う

外壁塗装のトラブルで起きやすいのが、仕上がりイメージの違いです。

外壁塗装の塗料は、カラーサンプルなどで確認してから決定します。しかし、塗装する面積や日光の当たり具合によって見え方が大きく変わるため、イメージと違ったというケースも珍しくありません。

外壁塗装の仕上がりがイメージと違っていても、施工に問題がなければやり直してもらえることはありません。次回の塗り替え時期が来るまでは、そのままの状態で住み続けることになります。

そのため、外壁塗装をイメージ通りに仕上げるには、カラーサンプルだけでなく希望する塗料を使った建物を実際に見てから判断しましょう。

施工不良によるトラブル

外壁塗装は、業者の施工不良によるトラブルが少なくありません。例として挙げられるのが、塗料の間違いや塗りムラなどです。

外壁と塗料には相性があり、組み合わせが悪いと外壁にうまく密着せず、塗り替えたあとに剥がれや浮きが出ることがあります。事前の打ち合わせで適切な塗料を選んでいても、業者の手配ミスで違う塗料が使われることがあるのです。

また、外装塗装のトラブルにつながりやすいのが塗りムラです。外装塗装は、適切な厚みでムラなく仕上げることで性能が発揮されますが、職人に高い技術力が求められます。塗りムラが出ると、仕上がりの見た目が悪くなるだけでなく塗料の性能も下がります。

施工不良のトラブルを防ぐには、契約内容をよく確認しておくことや工事中に気になることがあれはすぐに依頼した業者に連絡をすることが大切です。

施工不良への対応方法は関連記事をご確認ください。

近隣住民とのトラブル

外壁塗装による騒音、塗料の臭いや飛び散りが原因で、近隣住民とトラブルになることがあります。そのため、着手する前には近隣住民への挨拶や説明をすることが大切です。

業者によっては、着手前に近隣住民を周り挨拶や説明をしてもらえます。しかし、近隣住民との付き合いは長期になることが多いため、より安全に外壁塗装を進めるなら業者の挨拶に同行するなど安心感を持ってもらうことを心がけましょう。

塗装工事中は日常生活が制限される

外壁塗装は安全に作業をするために、足場の設置や養生をします。

それに伴い、次のことが制限されることがあります。

  • ベランダの使用
  • 窓の開閉
  • エアコンの使用
  • 給湯器の使用
テラス戸の養生

テラス戸の養生

外壁塗装にかかる期間は1~2週間ほどですが、すべての期間で使用が制限されるわけではなく、数日間または数時間だけ利用できない場合やまったく制限されないケースもあります。

外壁塗装のスケジュールは着手する前に組まれるため、制限される内容や日程について業者に確認しておき、調整が必要であれば事前に相談しましょう。

数十万から数百万単位の費用がかかる

外壁塗装にかかる費用は、数十万から建物の大きさによっては数百万になることもあります。塗装作業は、塗装以外にも足場の設置や外壁の洗浄、作業後の足場撤去などさまざまな作業が必要です。

さらに、外壁材の劣化でひび割れや反りなどが発生していた場合の補修などで費用がかかるため、高額になる傾向があります。

外壁塗装の費用は基本的に一括で業者に支払います。現金が用意できないという場合、クレジットカードが利用できる業者に依頼するか、金融機関でローンを組むなどの方法も検討しましょう。

外壁塗装の費用については関連記事をご確認ください。

外壁塗装で失敗しないための方法

外壁塗装をトラブルなく終わらせるには、次のことに注意しましょう。

  • 信頼できる業者に依頼をする
  • 外壁塗装に適した時期に施工をする

外壁塗装のデメリットは、きちんと対策をすれば回避できます。

信頼できる業者に依頼をする

外壁塗装をするときに大切なのが、信頼できる業者に依頼をすることです。信頼できる業者には、次のような特徴があります。

  • 費用が相場とかけ離れていない
  • 施工内容について詳しく説明をしてくれる
  • 外壁塗装の費用が後払い
  • 過去の実績が十分にある
  • 建設業の許可票を持っている
  • 契約を急かさない

外壁塗装の技術、費用、補償などは、業者ごとに違います。そのため、業者を決める際は、必ず複数の業者を比較することが重要です。

訪問営業で来た業者や、知り合いに紹介された業者が悪いわけではありませんが、内容をよく確認せずに依頼するとトラブルにつながりやすいので注意しましょう。

外壁塗装で失敗しないためには業者選びが重要です!

まずは無料相談

まずは無料相談

費用が相場よりも極端に安い業者は注意

外壁塗装の見積りが相場よりも安い場合は施工の内容の確認が必要です。費用が極端に安い場合、重要な工程が省かれている可能性があるからです。

たとえば、外壁塗装を3回塗りではなく2回塗りで終わらせたり、性能の低い塗料を使ったりして費用を抑えるケースが考えられます。

費用が安くても効果が続かなければすぐに塗り替えが必要になります。結果的に費用が高くなることがあるため注意しましょう。

費用が先払いの業者は持ち逃げされるおそれも

外壁塗装の工事費用は完了後の支払いが一般的ですが、なかには先払いでしか受け付けていないところがあります。

しかし、費用を先払いした場合、外壁塗装が完了したあとに問題があっても対応してもらえない場合があります。また、施工をせずに費用だけを持ち逃げするケースもあるため、見積金額が他社より安くても先払いの業者に依頼するのは避けましょう。

評判の悪い業者は施工実績を見せない可能性が高い

仕事が丁寧で評判がよい業者は、仕事がたくさんあるため多くの施工実績を持っています。仕上がりにも自信があるため、過去の実績について詳細な情報を教えてくれます。

一方で、評判の悪い業者は、施工実績を見せたがりません。また、他社が施工した実績を見せてくるところもあります。その場合、詳細な情報を聞いても答えられないケースが多いため、話を聞いても答えられなかったり、はぐらかされたりする場合は依頼するのをやめたほうがよいでしょう。

外装塗装に適した時期に施工する

外壁塗装に適した時期は、天候が安定しやすい4月の後半~5月、または9月~11月です。

外壁塗装は塗料をしっかりと乾燥させることが重要なため、雨の降りやすい時期や気温の低い時期は仕上がりに影響します。そのため、梅雨時期や雪が降っているシーズンでは、業者に断られてしまう場合があります。

無理に外壁塗装をするとトラブルにつながるおそれがあるため、外壁塗装の失敗を避けるなら、適した時期に依頼をしましょう。

家を長持ちさせるなら塗り替えは必須

外壁の塗装は7~10年ほどで性能が劣化します。放置すると外壁自体が劣化して、補修に高額な費用がかかるため、家を長持ちさせるなら定期的な塗り替えが必須です。

外壁の劣化を抑えてくれる

外壁塗装には紫外線や雨風から家を守り、劣化を抑えてくれる役割があります。外壁塗装の性能が低下すると、外壁のひび割れ、雨水の侵入による雨漏りやカビ、シロアリの発生につながるため定期的な塗り替えが不可欠です。

劣化した外壁

劣化した外壁

また、外壁が劣化すると補修に外壁材の張り替えが必要になり、内部の断熱材や木材が腐っていると、さらに大規模な補修が必要になります。

外壁塗装の費用が思ったよりも高額になるケースがありますが、定期的に塗り替えないと、結果的により費用がかかることがあります。

外壁塗装のデメリットは業者の比較で回避できる

外壁塗装のデメリットは、信頼のできる業者を選ぶことで回避できるケースが多いです。外壁塗装で失敗しないためにも、必ず複数の業者の費用やサービスを比較しておきましょう。

業者の比較なら、一括比較サイト「ぬりマッチ」が便利です。必要事項をチャット形式で入力していくだけで複数の業者に査定を依頼できるため、ぜひご利用ください。

外壁塗装は信頼できる業者に依頼するのが成功の秘訣!まずはご相談を!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する