ベランダ塗装・塗り替えの基礎知識!塗料の防水性や費用について解説

FRP塗装

ベランダの塗装も、屋根や外壁の塗り替えなどと同じようにメンテナンスが必要です。また、ベランダ塗装の剥がれやひび割れに対しては、適切な補修方法で対処することが大切です。

今回は、ベランダ塗装の塗り替えや、それに使う塗料の防水性などについて解説していきます。ベランダ塗装の塗り替え費用についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ベランダ塗装の特徴・種類は?

ベランダの塗装にはさまざまな工法があり、それぞれに異なる特徴があります。ここでは、住宅で採用される防水の種類とその特徴について解説していきます。

ベランダ塗装に使われる防水の種類

ベランダ塗装に使われる防水の種類には、大きく分けて3つの防水工法があります。

3つの防水工法とその特徴
防水工法の名称 主な特徴
FRP防水 FRPとは繊維強化プラスチックの略称で、新築住宅のベランダ塗装として広く普及しています。FRP自体はバスタブや船、ロケットなどにも使用されている工法で、軽さと強度を求められる場面で重宝されています。また、短期間での施工が可能な点も、多くの住宅のベランダ塗装に採用されている理由です。
ウレタン防水 液状のウレタン樹脂を塗布していく防水工法です。継ぎ目のない仕上がりが可能で、複雑な形状のベランダや屋根などで採用されています。住宅のベランダにも使われることがありますが、ほかの防水工法に比べて耐久性が低く、メンテナンスの頻度が多くなるデメリットがあります。
シート防水 住宅の陸屋根やパラペットなど、ベランダよりも比較的に施工範囲が広い場合に採用されることが多い防水工法です。FRPやウレタンと違い、シート上の防水材を敷き詰めていきます。広範囲での施工が可能なので、費用対効果の面でほかの防水工法より優れています。

防水の種類別の塗り替え方法

すでに防水工法が施されたベランダの場合、工法によって塗り替える際の考え方や注意点が異なります。

FRP防水の場合

ベランダ塗装がFRP防水の場合には、トップコートの再塗装を行うことが一般的です。そのため、FRP防水における塗り替えは、ほかの防水工法の塗り替えに比べて下地処理が重要なポイントを占めています。

塗り替えの前にベランダの清掃、油分の撤去などの下処理が必要です。また、電動工具を使った足付け作業(研磨)も再塗装後の耐久性に大きく影響するため、重要です。

これらの適切な下地処理を行った後で、プライマーやトップコートの再塗装を行います。

ウレタン防水の場合

ベランダ塗装がウレタン防水の場合にも、トップコートの再塗装が一般的な塗り替え方法です。

ウレタン防水は耐用年数が短いのでFRP防水に比べて、メンテナンスの頻度が多くなる傾向にあります。しかし、下地処理は既存のウレタン防水の清掃だけで、すぐにプライマーやトップコートの塗装を進めて行くことが可能です。

シート防水の場合

ベランダ塗装がシート防水の場合は張り替えが必要ですが、経年劣化の状態によっては、トップコートの再塗装でメンテナンスできるケースがあります。ウレタン防水と同じようにトップコートの再塗装を行うことで、防水層の劣化を防ぐことができます。

ただし、トップコートの耐久性はあまり長くないので、メンテナンスの頻度は多くなります。

【参考】アパートのベランダ塗装は必要?

戸建て住宅と同じようにFRPやウレタン防水、シート防水が施工されている場合には、アパートでもベランダ塗装が必要です。しかし、アパートのベランダはアルミ製の既成品が施工されていることもあるので、その際の塗装には注意が必要です。

ベランダ塗装を依頼するなら、事業者の比較が大切です。無料一括査定で見積もりを出してもらいましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

ベランダ塗装の目安となる剥がれ・ひび割れとは?

ベランダ塗装の塗り替えやメンテナンスの目安となるのは、トップコートの剥がれやひび割れです。トップコートの経年劣化は、色あせから始まり、ひび割れ、剥がれと症状が進んでいきます。

ここでは、住宅に多く採用されているFRP防水のベランダ塗装の目安となるタイミングや症状について解説していきます。

塗り替え時期

FRP防水のトップコートの塗り替え時期の目安は約10年とされています。ベランダは日当たりの良い南側に設置されていることが多いので、立地状況によって経年劣化の状態には差が出てしまいます。

屋根や外壁の塗り替えと同時期に、ベランダ塗装も検討することが理想的です。また、ベランダに室外機が設置されている場合には、苔や藻の発生やほこりが溜まりやすくなるので、塗り替え時期が早まることもあります。

外壁塗装の時期については、以下の記事を参考にしてください。

ひび割れ

ベランダ塗装にひび割れが見られる場合には、それが塗り替えの目安です。トップコートだけのひび割れの場合には、トップコートの再塗装を行うことでメンテナンスが可能です。

しかし、FRPの防水層にまで達してしまったひび割れの場合には、トップコートの再塗装だけでは耐久性を確保することができません。トップコートだけでなく、防水層の補修からやり直す必要があります。

剥がれ

ベランダ塗装に剥がれの症状が見られる場合には、ベランダ塗装としての耐久性が低くなっている可能性があります。FRP防水のトップコートが剥がれることで、防水層に紫外線などがあたり、劣化が早まってしまう状態です。

防水層の劣化が進んでしまうと、トップコートの再塗装では対応できないので早急なメンテナンスが必要です。

ベランダ塗装・塗り替え費用の目安は?

ベランダ塗装の塗り替え費用は、どれくらいが一般的な相場なのでしょうか。ここでは、ベランダ塗装の種類別の塗り替え費用の相場と、補修費用について紹介します。

塗料については、以下の記事を参考にしてください。

べランダ塗装の塗り替え費用

ベランダを塗り替える費用の相場
  平米あたりの費用相場(円) 備考
FRP防水 2,000~4,000 FRP防止のトップコートの塗り替え費用の相場は、2,000円~4,000円前後です。他のベランダ塗装の塗り替えに比べると下地処理が複雑なため、費用相場は高くなることが一般的です。
ウレタン防水 1,500~2,000 ウレタン防水のトップコートの塗り替え費用の相場は、1,500円~2,000円前後です。他のベランダ塗装の塗り替えに比べても費用は低く、外壁塗装などと同時に塗り替えを行うことで、高圧洗浄などの工事費用を抑えることができます。
シート防水 2,000~3,000 シート防水のトップコートの塗り替え費用の相場は、2,000円~3,000円前後です。FRP防水のような複雑な下地処理は必要ありませんが、住宅のベランダにシート防水が施工されているケースが少ないので費用は上がってしまいます。

ただし、ベランダ塗装の種類や、経年劣化の状態によっては費用に差が出てしまうこともあります。金額が気になる方は、専門の事業者に見積もりを依頼するとよいでしょう。

ベランダ塗装の補修費用

防水層にまで達してしまった深いひび割れや、広範囲の剥がれ、浮きなどベランダ塗装の経年劣化の状態によっては、トップコートの塗り替えだけでは対応することができないケースがあります。

防水層の補修費用の相場は5,000円~8,000円程度です。劣化が進んでいれば、それだけ費用が高くなると思っておくとよいでしょう。

複数の外壁塗装事業者に見積もりを依頼する

ベランダ塗装の塗り替え費用は、防水工法の種類や経年劣化の状態に大きく影響されます。また、塗装事業者の施工実績や使用する塗料によっても差が出てしまいます。

目安となる費用の相場はありますが、1軒1軒の状態が異なるので適正価格を判断することも難しくなるでしょう。ベランダ塗装の状態に合わせた適正価格を知るには、複数の外壁塗装事業者に見積もりを依頼することが大事なポイントです。

ベランダ塗装を依頼するなら、事業者の比較が大切です。無料一括査定で見積もりを出してもらいましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談