防水工事の種類について。それぞれの特徴や工法・防水材についても解説

アスファルト防水工事をする業者

防水が不十分だったり、劣化したまま放っておいたりすると、雨漏りなどのトラブルを招きます。雨漏りは建物内に水が入ってくるだけでなく、柱や梁といった建物の主要部にも支障をきたすため、対策することが非常に重要です。

そこで必要なのが、防水工事です。しかし、「防水工事なんてどれも一緒では?」と思っている方も多いのではないでしょうか。実は、防水工事にはさまざまな種類があり、プロでもすべてを把握するのは難しいといわれています。

この記事では、防水工事の種類やそれぞれの特徴に加え、防水工法についても解説していきます。きちんとした防水の知識を身に付け、自分の住んでいる建物に適した防水工事を選択しましょう。

防水工事の種類は4つ

代表的な防水の種類とそれぞれの耐用年数は以下のとおりです。

防水の種類と耐用年数
防水の種類 耐用年数(年)
ウレタン塗膜防水 10〜15
シート防水(塩化ビニル樹脂系) 13〜15
シート防水(加硫ゴム系) 10〜12
アスファルト防水 15〜20
FRP防水 約10

ウレタン塗膜防水

ウレタン防水とは、ウレタン樹脂で防水層を形成する塗膜系の防水です。塗料のような液体状のウレタン樹脂を流し込みつつローラーなどで塗布して施工します。塗装の厚みをより厚くするようなイメージです。

樹脂による防水のため、継ぎ目のないシームレスな防水層の形成ができ、狭くて形状が複雑な箇所にも施工できます。ただし、塗膜系の防水なので防水の厚みを均一にするのが難しく、防水工事のクオリティは職人さんの腕次第になってしまう傾向にあります。

費用はほかの防水と比較しても安価であり、コストパフォーマンスに優れた防水だといえます。耐用年数は約10〜15年です。

シート防水

シート防水には、以下のように多くの種類があります。

  • 塩化ビニル樹脂系
  • 加硫ゴム系
  • 非加硫ゴム系
  • エチレン酢酸ビニル樹脂系

ここでは一般的に使われている塩化ビニル樹脂系と加硫ゴム系について説明します。

塩化ビニル樹脂系

塩化ビニル樹脂系シート防水は、シートを接着して防水層を形成する防水です。1.2m幅のロール状になったシートを貼り付けるので、ウレタン防水と違い、継ぎ目が発生します。継ぎ目は熱溶着といって、熱を与え素材を溶かしながら接着するので、継ぎ目がありつつも一体的な防水層を形成できます。

また、防水工事と仕上げ工事を1回で完結できるという特徴があります。防水した部分を有効活用したい場合、ほかの防水では屋外用の床シートを張ったり、コンクリートを作るという工程が発生します。それに対し、塩化ビニル樹脂系なら一度で防水と仕上げを兼ねることができ、手間が省けるのでおすすめです。耐用年数は約13〜15年です。

加硫ゴム系

加硫ゴム系は、いわゆるゴム系のシート防水です。素材に柔軟性があるため、コンクリートの下地が割れてきてもシートは割れずに済みます。これを建築用語では、追従性があるといいます。

塩化ビニル樹脂系よりもシートが薄く、耐用年数は約10〜12年と短めです。その分、費用は塩化ビニル樹脂系よりも安価です。

近年は、耐用年数が短いという理由から加硫ゴム系シート防水が使われることは少なく、一般的にシート防水といえば、塩化ビニル樹脂系シート防水のことを指します。

アスファルト防水

「防水といえばアスファルト防水」といわれるほど、昔から使用されている防水です。

昔から、熱工法という溶融釜で熱したアスファルトを流し込みつつ、アスファルトルーフィングという防水材を貼り付けて防水層を形成する工法が使われています。

アスファルト防水は、ほかの防水に比べ、防水層自体に重量があり、改修をする場合は荷重の検討をしておいたほうがよいでしょう。アスファルト防水の耐用年数は15〜20年と最も長いことから信頼性も高いといえます。

FRP防水

FRP防水は、ウレタン防水と同様で塗膜系の防水です。ポリエステル樹脂にガラス繊維などの補強材を組み合わせた防水樹脂を流し込み、ローラーなどで塗布していきます。こちらもウレタン防水と同様に、継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できます。

FRPとは繊維強化プラスチックの略称であり、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックという意味です。

FRP防水はほかの防水と比較すると、費用が高い割に耐用年数は約10年と短めです。

しかし、FRP防水の魅力はなんといっても軽さと頑丈さです。特に人や車の往来が多い屋上駐車場などではよく使用されています。

ぬりマッチなら、専門事業者に手間なく無料相談できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

防水工事の工法にはどんなものがある?

防水には複数の種類がありますが、防水工事の工法はそれ以上に多くの種類があります。今回は特に使用されることが多い工法について紹介します。

防水工法の種類は?

防水の種類別に工法を紹介します。

ウレタン塗膜防水の工法

ウレタン塗膜防水の工法には、密着工法通気緩衝工法の2つがあります。

密着工法は文字どおり、コンクリート下地にウレタン樹脂を全面密着させる工法です。

一方で通気緩衝工法は、コンクリート下地とウレタン樹脂の間に通気緩衝シートを貼り付け、通気層を設けつつ、下地と防水層を部分的に接着する工法です。コンクリート下地と防水層が部分接着になっているので、下地の影響を受けにくく防水層が破断しないという特徴があります。

費用は密着工法のほうが安価ですが、信頼性は通気緩衝工法のほうが高い傾向にあります。

シート防水の工法

シート防水の工法には、接着工法機械的固定工法の2つがあります。

接着工法はウレタン防水の密着工法と同様に、下地に全面接着させる工法です。

機械的固定工法は固定ディスクという円盤型の金具でシートを下地に固定する工法です。ウレタン防水の通気緩衝工法と同じように、コンクリート下地の影響を受けにくい工法ですが、その反面、台風などの耐風圧性は低いので注意が必要です。

アスファルト防水の工法

アスファルト防水には、主に熱工法冷工法トーチ工法の3つがあります。

熱工法は前述したとおり、溶融釜でアスファルトを溶かしながら流し込む工法です。信頼性が高い反面、施行時の匂いで近隣住民とトラブルになるケースもあり、近年では冷工法とトーチ工法が主流になりつつあります。

冷工法とは、アスファルトルーフィングに粘着層を設け、熱を使わずに接着していく工法で、常温粘着工法とも呼ばれています。熱工法とは違い、匂いや煙が発生しないので、環境や作業員に優しい工法といえます。

トーチ工法は、アスファルトルーフィングの裏面をバーナーで炙りながら溶融接着していく工法です。こちらも冷工法と同様に匂いや煙が発生しないことから、近年では多くの現場で採用されています。

防水の種類の見分け方

次に防水の種類の見分け方を解説します。

防水の種類を見分けるには、まず継ぎ目を確認しましょう。継ぎ目がある場合はアスファルト防水かシート防水です。表面がざらざらしている場合はアスファルト防水で、表面が平滑であればシート防水だと判断できます。

一方で継ぎ目がない場合は、ウレタン防水かFRP防水です。爪を立ててへこむようならウレタン防水、硬くてへこまないようならFRP防水といった具合で見分けることができます。

【建物の状態別】防水工事の選び方

建物の箇所や状態によって、適している防水は変わります。ここからは具体例を出して解説していきます。

ベランダ

ベランダは屋根に比べ、面積が狭く形状も複雑なことが多いのでウレタン防水かFRP防水をおすすめします。

基本的にはウレタン防水で問題ないですが、ベランダでBBQやガーデニングをしたいという方であれば、より耐久性の高いFRP防水を選ぶのがよいでしょう。

陸屋根

陸屋根とは水平な屋根のことを指します。陸屋根には塩化ビニル樹脂系のシート防水がおすすめです。塩化ビニル樹脂系は価格が安いうえに、紫外線や熱に優れた耐久性を兼ね備えています。また、基本的にはメンテナンスが不要であり、耐用年数も長いためコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

大規模なマンションの陸屋根

同じ陸屋根でも大規模なRCマンションであれば、アスファルト防水がおすすめです。

戸建て住宅にアスファルト防水を使用するのはオーバースペックだといえますが、大規模マンションなら耐久性が高く、耐用年数が最も長いアスファルト防水が最も合理的です。

ここまで紹介したとおり、防水工事は本当に多種多様です。だからこそ、依頼をする際は専門性の高い事業者に依頼することが大切です。当サイトでは、防水のような具体的な相談にも応じられる事業者を一括で探すことができます。フォーム入力で簡単に利用できるので、ぜひご活用ください。

ぬりマッチなら、専門事業者に手間なく無料相談できます!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談