外壁塗装をする時期はいつがいい?家の塗装の耐用年数と季節について解説

外壁塗装業者の様子

大切な住宅を守るために外壁塗装を検討中の方は多いと思います。雨や強風・気温・湿度に左右されやすいのが塗装です。
今回は外壁塗装の時期や季節について解説します。

外壁塗装の耐用年数について

どんな住宅でも、日々太陽光(紫外線)・風雨にさらされ、外壁の劣化が進んでいます。ここでは、外壁塗装に使われる塗料の耐用年数についてご紹介します。

外壁塗装は約10年ごとに行うことが推奨されています。塗料によって耐用年数は変わってきますが、永久にメンテナンスがいらない塗料はありません。
年月が経ち、塗膜が割れますので、定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。

また、住宅の周辺環境によっても塗料の耐用年数が変わりますので紹介します。

塗料による耐用年数の違い

塗料は大きく分けて4種類あり、耐用年数の違いがあります。

塗料ごとの耐用年数の違い
塗料の種類 耐用年数(年)
アクリル 5~8
ウレタン 8~10
シリコン 10~15
フッ素 15~20

年々、技術の進歩により耐用年数が長いものが開発されています。
今まででは10年ごとの外壁塗装が推進されてきましたが、近年では耐用年数が10年以上の塗料が増え、塗り替えの期間も長くなる傾向にあります。しかし耐用年数だけ意識せずに、納得のいくご自身の住宅に合った塗料を選択していただきたいと思います。

住宅の周辺環境による耐用年数の変化

住宅の周辺環境による耐用年数の変化があります。

海岸や凍結融解を繰り返す地域では、外壁へのダメージが増えます。
強風により砂やホコリが外壁に容赦なく叩きつけられたり、降水量の多い地域では壁の伸縮を繰り返したりしますので、より多くのダメージが蓄積されています。 傷ついた外壁は防水性能が低下し、雨水が染み込みやすくなります
劣化している部分では固形カビが繁殖しやすくなり、美観も損ねます。

周辺環境によって、耐用年数は基本年数よりも短くなってしまいますのでご注意ください。

外壁塗装が必要なケース

外壁塗装が必要なケースを紹介します。 劣化した塗膜の状況を確認する必要があります。
劣化した塗膜の特徴は、以下のとおりです。

  • 外壁の色があせてきた
  • 外壁が汚くなった
  • 洗浄しても汚れが目立つ
  • 外壁が膨れてきた
  • 外壁に亀裂がある

このような特徴が多く見られるなら、塗り替えのサインです。
塗膜は、太陽光や雨などにさらされることで劣化していきますので注意が必要です。

次に劣化した塗膜の特徴について詳しく見ていきましょう。

外壁の色あせ

外壁の色あせは、どれだけ高い耐久性をもつ塗料を使用しても、年月が経てば生じます。
色あせてきた、と感じた時が外壁塗装を行うタイミングです。

外壁のひび割れ(クラック)

外壁のひび割れ現象を「クラック」と呼びます。壁に亀裂のような線が目視できるようになると、塗装が必要なサインです。これを放っておくと亀裂が広がり、塗装をするときにうまく塗れなくなることがありますので注意が必要です。
クラックも塗り替えのサインですので、塗装業者に相談しましょう。

チョーキング

塗膜の劣化として現れるのがチョーキング現象です。
これは塗料に含まれている顔料が劣化することで粉状になり、白い粉が吹き出す現象です。壁を手で触ってみて、白い粉が付着していたらチョーキング現象発生のサインです。

塗膜が劣化すれば外壁材の性能自体が低下してしまうため、汚れやほこりが付きやすくなり、美観性を損ねます。
外壁塗装のタイミングです。

塗装の膨れ

塗装が膨らむ原因は、外壁が雨水などの水分を吸った状態のまま温度が上昇し、水分が気化(蒸発)する際に膨張することです。ひどくなると破裂現象が起きてしまい、塗装ごと剝がれてしまうケースがあります。
塗料の膨れ、剥がれが起きた場合、急いで補修作業を行わないといけません。
補修なしで塗料を塗ることはできませんので、塗装業者へご相談ください。

外壁塗装の適切な時期

外壁塗装は住宅に必要なメンテナンスの一つです。日々の劣化の蓄積により塗装が必要になりますが、塗装を行う時期も大切です。

外壁塗装の時期を決めるポイント

外壁塗装の時期を決めるポイントは、天候と気温、湿度が関係します。
塗料は、気温5℃以上、湿度85%未満の条件下で塗装できます

基本的にはどの季節でも塗り替えが可能ですが、スムーズに外壁塗装工事が進む季節があります。
ただしこの時期は外壁塗装シーズンで混み合います。早めに計画を立てて予定通りに外壁塗装を進めましょう。
外壁塗装の季節・月ごとの違いをみていきましょう。

季節・月ごとの違い

日本には四季があり、寒暖差が大きく変化します。季節・月ごとの特徴を紹介します。
春から順番に見ていきましょう。

季節ごとの特徴
3月・4月・5月 春の外壁塗替えシーズンでふさわしい月です。日照時間も多いので、外壁塗装にとって良いシーズンです。
外壁塗装業者のが繁忙期にあたるため、前もって計画しましょう。5月の後半は梅雨が近づいてきますので、天候が不順です。月末付近にかからないように予定を組みましょう。
6月・7月・8月・9月 もっとも降水量が多く、外壁塗装に向かない時期です。しかし、外壁塗装ができない天候ではありません。近年の塗料は湿気にも強く、工期に余裕をもって進められれば問題ありません。塗装業者も閑散期となりますので、対応が早く工事の日程を立てやすい時期です。台風シーズン前に住宅のメンテナンスをしておきたいという方はこの時期に工事しましょう。9月は台風が多く到来します。台風の通り道の地域では、計画を立てる時期と割り切りましょう。
10・11月 晴れの日も多くなり、湿度も下がり、外壁塗装にとって良いシーズンです
天気も春より安定しているため、塗り替えにはとても良いシーズンと言えるでしょう。
外壁塗装業者のが繁忙期にあたるため、前もって計画しましょう。
12月・1月・2月 塗装ができるギリギリの気温で、外壁塗装に向かないシーズンです。霜が降りる地域もあり、塗り替えの妨げになります。
特にスレート屋根の塗装の場合、塗料が乾きにくく、日数がかかることが多いです。山間部や日本海側などの豪雪地域では、あまりおすすめできません。太平洋側でも雪が降る季節ですので、外壁塗装にふさわしくない時期です。

この他にも地域に合った適切な時期もあります。
季節・月ごとの違いを意識するのも大事ですが、はやめに塗装業差へご相談することをおすすめします。

お住まいの地域の塗装業者に相談してみましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談