屋根塗装の時期はいつがいい?劣化の目安と塗装に適した季節とは

カレンダーと家

屋根材に塗っている塗装の役割は、屋根材を雨や風、紫外線などから守ることです。しかし、屋根塗装は時が経つにつれて徐々に劣化していくため、定期的なメンテナンスをする必要があります。

屋根塗装は、最初の塗装から何年経過したら塗り直すべきなのでしょうか。また、塗装を行うのに適した時期や季節はあるのでしょうか。

この記事では、屋根塗装の時期について解説していきます。

屋根を塗り替える時期は、塗装から何年後?

屋根を塗り替え時期を誤ってしまうと、屋根材の劣化速度が早まったり無駄な出費に繋がったり、多くのデメリットがあります。

では具体的に、塗り替えの時期は何をもって判断すればよいのでしょう。3つ紹介します。

定期的な塗装時期で判断する

まずは、塗装の耐用年数を基準に、定期的な塗装時期で判断します。

一般的には約8年の周期で塗り替えすることが推奨されています。もちろん、雨や紫外線などが多い地域なのかどうかなど、条件によって異なります。6~7年程度で塗り替える必要がある場合や、逆に9~10年程度まで塗り替えなくても問題ない場合もあります。

塗料の種類で判断する

次に塗料の種類で判断できます。塗料別に目安となる耐用年数をまとめました。

塗料別の耐用年数
塗料の種類 耐用年数の目安(年)
ウレタン 8~10
シリコン 10~15
フッ素 15~20
無機 20~25

塗料によって耐用年数はさまざまです。一般的な住宅で使用されている塗料は、ウレタンやシリコンです。

ちなみに、先述の約8年で塗り替えたほうがよいというのは、この耐用年数も根拠の一つです。

劣化状況で判断する

実際の劣化状況でも判断できます。屋根なので、自身での劣化状況確認は困難です。

一般的には、専門の事業者に依頼して、劣化診断を実施してもらいます。費用はかかりますが、屋根に登る危険を回避できるだけでなく、適切な提案を受けることができるメリットは大きいでしょう。

屋根塗装をするなら、比較が大切です。まずは無料相談をしてみましょう。

まずは無料相談

まずは無料相談

屋根塗装の劣化の目安は?

劣化診断を実施した際、どのような劣化症状であれぱ、塗り替えする必要があるのでしょうか。塗り替えの目安について説明します。

劣化症状に対する緊急度合い

塗装の劣化症状に対する緊急度合いが目安になります。

劣化症状にはいくつか種類がありますので、劣化症状毎の緊急度合いをまとめました。

劣化症状毎の緊急度合い
劣化症状 緊急度合い
藻やコケの繁殖 すぐに塗り替える必要はありませんが、洗浄したほうがよいでしょう。
色褪せ すぐに塗り替える必要はありませんが、2~3年以内には塗り替えを検討したほうがよいでしょう。
チョーキング※ 1年以内に塗り替えを検討したほうがよいでしょう。
ひび割れ 塗り替えの検討時期にきています。
剥がれ 塗り替えの検討時期にきています。

※チョーキングとは
白亜化とも呼ばれ、塗料に含まれている顔料が表面にチョークの粉のようになって出てくる劣化症状のこと。

劣化症状の具体例

上述の劣化症状について、もう少し詳しく説明します。

藻やコケが繁殖する

藻やコケは湿気が多い場所や水溜まり付近で繁殖します。屋根の勾配不良や屋根材同士の継ぎ目にできる段差付近などは、繁殖しやすい場所です。藻やコケを放置すると、塗膜の劣化を早めます。すぐに塗り替える必要はありませんが、洗浄で除去するとよいでしょう。

色褪せが生じる

色褪せは塗膜の劣化の初期症状です。すぐに塗り替える必要はありませんが、劣化が進行しているという認識をしておくとよいでしょう。色褪せから2~3年以内には塗り替えの検討をしたほうがいいでしょう。

チョーキングが生じる

チョーキングは塗料に含まれている顔料が浮き出ている状態なので、明らかに塗膜の劣化が進行し、耐久性が落ちています。そのまま放置すると、近いうちにひび割れや剥がれに繋がります。1年以内に塗り替えを検討したほうがよいでしょう。

ひび割れが生じる

ひび割れは、すでに塗膜の耐久性が失われたことを意味します。そのまま放置すると、ひび割れ部から雨水が侵入し、屋根材と塗膜の隙間に入れば剥がれの原因になります。早めに塗り替えを実施したほうがよいでしょう。

剥がれが生じる

塗装が剥がれていれば、屋根材に雨や風、紫外線などが直接当たります。結果として、屋根材自体の劣化速度が早まってしまいます。そのまま放置すると、屋根材自体の劣化速度が早まるだけではなく、最悪の場合、雨漏りになる可能性があります。できるだけ早く塗り替えを実施したほうがよいでしょう。

屋根塗装は夏がおすすめ?塗装に適した時期とは

屋根塗装の工事に適した季節はあるのでしょうか。

実は、各塗料メーカーが以下のような塗装に適さない条件を明記しています。

塗装に適さない条件
気温 5℃以下
湿度 85%以上

この条件に当てはまる場合は、塗料が硬化不良を起こす可能性があることから、基本的に塗装作業ができません。つまり、この条件に当てはまる季節(気候)は、塗装に適していないと考えることができます。

また、季節によって湿度の違いや、事業者の繁忙期などもあるため、それによる影響もあります。

ここで、季節毎のメリットやデメリットを一覧表にまとめました。

季節毎のメリットやデメリット
時期 メリット デメリット
3月(春) 気温や湿度が安定している。 事業者が繁忙期のため、工期が長くなる可能性がある。(特に年度末のため工事が集中する)
4月(春) 気温や湿度が安定している。 事業者が繁忙期のため、工期が長くなる可能性がある。(GWがあるので、作業日数が少ない)
5月(春) 気温や湿度が安定している。 事業者が繁忙期のため、工期が長くなる可能性がある。(GWがあるので、作業日数が少ない)
6月(夏) 気温が高いので塗料が乾燥しやすく、工期が短縮できる可能性がある。 梅雨時期なので作業ができない日があり、工期が長くなる可能性がある。
春ほどではないが、事業者が忙しい。
7月(夏) 気温が高いので塗料が乾燥しやすく、工期が短縮できる可能性がある。 梅雨時期なので作業ができない日があり、工期が長くなる可能性がある。
8月(夏) 気温が高いので塗料が乾燥しやすく、工期が短縮できる可能性がある。
比較的事業者が空いているので、複数の事業者から選ぶことができる。
台風時期なので作業ができない日があり、工期が長くなる可能性がある。
台風の影響で風が強く、足場が倒れる危険がある。
9月(秋) 気温や湿度が安定している。 台風時期なので作業できない日があり、工期が長くなる可能性がある。
台風の影響で風が強く、足場が倒れる危険がある。
10月(秋) 気温や湿度が安定している。 事業者が繁忙期のため、工期が長くなる可能性がある
11月(秋) 気温や湿度が安定している。 事業者が繁忙期のため、工期が長くなる可能性がある
12月(冬) 比較的事業者が空いているので、複数の事業者から選ぶことができる。 気温が低く、5℃を下回ると作業ができない。
秋ほどではないが、事業者が忙しい。
1月(冬) 比較的事業者が空いているので、複数の事業者から選ぶことができる。 気温が低く、5℃を下回ると作業ができない。
2月(冬) 比較的事業者が空いているので、複数の事業者から選ぶことができる。 気温が低く、5℃を下回ると作業ができない。

この一覧をもとに、屋根塗装にはどの季節が最適なのか、あらためて紹介します。

屋根塗装は春や秋がおすすめ

屋根塗装は、春や秋の実施がおすすめです。気温や湿気が安定しているからです。塗装に適さない条件である気温5℃以下、湿度85%以上も満たしています。

一方で、冬は気温5℃以下に当てはまる可能性があり、夏は梅雨や台風の時期のため、おすすめとはいえません。

季節によって工事費用が変わる可能性がある

季節によって工事費用が変わる可能性があります。

春や秋は塗装工事に適しているため、塗装事業者にとって繁忙期です。そうなると工期が長くなったり増員したりするため、工事費用が高くなる傾向があります。

一方で、夏や冬(特に冬)は事業者が忙しくないため、仕事を貰うために工事費用が安くなる傾向があります。

外壁や屋根の塗装は比較が大切です。無料一括査定で見積もり依頼や相談をしましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

専門スタッフがサポート まずは無料相談