外壁塗装と屋根塗装は同時がおすすめ!費用節約などメリットも大!

外壁塗装 屋根 同時

外壁塗装を行う場合は、屋根塗装も合わせて行うのがおすすめです。足場の設置にかかる費用を1回分で済ませられますし、次回も同じタイミングで塗装ができます。外壁と屋根の同時塗装のメリットや注意点について解説します。

外壁と屋根は同時の塗装がおすすめ!

外壁塗装を検討しているのであれば、屋根塗装も合わせて行いましょう。

外壁塗装は家のメンテナンスのなかでも、高額の費用がかかる工事です。それでも雨など水の被害から家を守り、美観を保つには、外壁の塗装は欠かせません。それは屋根においても同様です。外壁がメンテナンスを必要とする時期になっているのであれば、屋根も同様にメンテナンスが必要な時期です。外壁と屋根を同時に塗装することで費用を抑えられるメリットがあります。

同時に塗装するとなぜ費用が安くなるのか

なぜ外壁と屋根を同時に塗装すると、費用が安くなるのでしょうか。外壁塗装、屋根塗装と同時塗装の費用例をご覧ください。

各塗装の費用例
  外壁塗装(円) 屋根塗装(円) 同時塗装(円)
足場代 20万 20万 20万
養生 6万 3万 9万
高圧洗浄 4万 2万 6万
塗装 50万 25万 75万
コーキング 20万 20万
合計 100万 50万 130万

※施工会社により金額は異なります。

外壁と屋根の塗装を別々に行ったときに費用が高くなるのは、足場代が2回必要になることが原因です。同時に塗装を行えば、足場工事が1回で済むため、費用を抑えられます。

家の規模や依頼する施工会社、リフォーム会社によりますが、1回の塗装につき約10万~30万円の足場代が必要です。同時塗装にして足場代を1回分安くできるのは、大きなメリットといえます。

外壁より屋根ほうが劣化が早い

金額以外にも外壁と屋根の同時塗装をおすすめする理由があります。屋根の状態は見えないことが多いので、外壁に比べて気にされていない方も多いかもしれません。しかし屋根は直射日光や風雨の影響を外壁よりも受けやすいので、劣化も早いです。

そのため外壁が「塗装したほうがよいかな」という状態だと、屋根はそれ以上に劣化した状態になっているかもしれません。外壁を塗装するのであれば、屋根の塗装も合わせて検討しましょう。

外壁と屋根で統一したデザインにできる

外壁と屋根を同時に塗装すると、家全体を統一したデザインにできます。別々に塗装をしても最終的にデザインを統一できますが、外壁だけ塗装した状態、屋根だけ塗装した状態の数年間は、新しい箇所と古い箇所が混在したちぐはぐな見た目になることもあります。もともとの色からガラリと印象を変えたいと方は特に、同時に塗装することで、希望したとおりのデザインに仕上げられるでしょう。

施工会社へ依頼する手間が1回で済む

同時に塗装すれば、施工会社への依頼が1回で済みます。別々に工事をすると、依頼する施工会社を選び、打合せを行う手間が2回発生します。仕事終わりや休日に合わせて、施工会社の現場調査や打合せの日程調整をするのは、思っている以上に負担になります。同時に塗装することで、その手間を1回にできるのは、同時に塗装する大きなメリットといえるでしょう。

外壁・屋根の塗装は信頼できる施工会社を選びましょう!一括問い合わせで各社の見積もりを比較してください!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

同時塗装を決める前のチェックポイント

同時に塗装することを決める前に、本当に外壁と屋根が塗装の必要な状態なのかを確認することも大切です。劣化症状について知ることで、塗装のタイミングを検討できます。

外壁の劣化症状
劣化症状 外壁の状態
変色・退色 太陽からの紫外線による影響で塗装の色が薄くなっている状態。塗料の防水性が低下しているサインで、長期的に放置すると防水性の低下によって外壁から水が浸入するおそれがある
チョーキング現象
(白亜化現象)
外壁を触るとチョークの粉のようなものが手につく。紫外線や風雨によって塗料が劣化し、塗料に含まれている顔料が出てきている状態。塗料が劣化し、防水性が低下している目安といわれる。放置すると外壁が雨水を含んでコケや藻が発生する。さらに放っておくと塗装のひび割れや剥がれが発生するおそれがある
塗装のひび割れ 塗装にひび割れができる。塗料の劣化がかなり進んだ状態。施工から数カ月でひび割れが発生する場合は、施工不良が原因の可能性がある
塗装の浮き・はがれ 塗料が劣化した状態を放置した結果、浮きや剥がれが発生している状態。雨水の侵入などによって外壁への悪い影響が発生しているおそれがある
コーキングの浮き・割れ 外壁のつなぎ目やサッシの周りに施工されているコーキングも、紫外線や風雨によって劣化すると浮きや割れが発生する。コーキングが割れているところから内側に水が浸入して、家の柱や土台など構造へ悪影響が出るおそれがある
屋根の劣化症状
劣化症状 屋根の状態
変色・退色 屋根材の塗料が経年劣化によって色あせてきた状態で、塗料の劣化がはじまっている。塗装が必要な状態ではないが、気がついたときには劣化が進行していることがある
カビ・コケ・藻の発生 屋根材の塗料が劣化して防水性が低下し、水分を含んだ屋根材にカビやコケ、藻が発生した状態。そのまま放置すると屋根材の耐久性が低下して雨漏りの原因になる
和瓦の場合 屋根が和瓦の場合は、塗装を行う必要はないが、瓦の固定に使用している漆喰の補修が必要になる。漆喰も塗装と同様に紫外線や風雨の影響で劣化するため、気になる場合は外壁塗装に合わせてメンテナンスを検討するとよい

外壁や屋根にこのような劣化症状がみられる場合は、塗装を検討しましょう。2階など高いところにある屋根は、目視での確認が難しいため、無理をせずに塗装の施工会社などに調査を依頼しましょう。

外壁・屋根に劣化症状を見つけたら塗装の時期が来ています!早めに塗装の依頼をしてください!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

外壁と屋根の同時塗装で注意すること

屋根と外壁の同時塗装を決めた場合は、次のことに注意してください。

費用の総額が高くなる

外壁のみ屋根のみの塗装より、総額は間違いなく高くなります。塗装範囲が広くなるため当然ですが、予算に限りがある場合は、外壁のみにするなど範囲を絞って塗装を行う判断も必要です。実際の判断は、施工会社のプロ目線の意見を参考にしましょう。

施工期間が長くなる

塗装の施工期間が長くなることにも注意が必要です。足場のある期間はベランダに洗濯物を干せなかったり、周りに住んでいる方への配慮が必要になったります。トラブルを避けるため、塗装に入る前は近隣にあいさつをしておくとよいでしょう。依頼者の代わりに近隣あいさつを行っている施工会社、リフォーム会社もありますので、仕事などであいさつの時間がなかなかとれないときは、施工会社に依頼してもよいでしょう。

同じ種類の塗料を選ぶ

屋根と外壁の同時塗装では、塗料選びも重要です。たとえばフッ素塗料であれば約15~20年、シリコン塗料であれば約10~15年が耐用年数で、次の塗り替えを行う時期の目安となります。

外壁と屋根に使用する塗料の種類を変えると、次回の塗装のタイミングに差が生じるおそれがあります。せっかく同時塗装で費用を抑えたのに、次の塗装が別々のタイミングになってしまうと余計な費用を払うことになります。

信頼できる施工会社を選ぶ

塗装の施工会社選びも重要です。なかには外壁塗装を行っていても、屋根塗装の経験があまりない施工会社もいます。そういった施工会社に依頼してしまうと、外壁と屋根の塗装の仕上がりに差が出てしまったり、適切な処置を行えなかったりするおそれがあります。

ぬりマッチで塗装の施工会社を比較する

屋根と外壁を同時に塗装できる施工会社を見つけるには、1社1社に電話などで問い合わせなくてはなりません。そういった手間を省くのが一括見積もりサービスの「ぬりマッチ」です。

ぬりマッチでは依頼者の連絡先と建物の情報を入力すれば、対応できる施工会社に一括して見積もりを依頼できます。依頼は1回だけの入力だけで済むため、とても簡単です。あとは施工会社の見積もりや提案を比較して、気に入った施工会社に依頼しましょう。

ぬりマッチなら信頼できる施工会社が見つかります!各社の見積もりを比較して、依頼する会社を選びましょう!

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する