外壁塗装の職人さんにお茶出し・差し入れは不要!お礼もしなくて大丈夫

外壁塗装 お茶 出し

外壁塗装を行うとなると、気になるのが職人への対応です。お茶出し、差し入れは不要なのか、トイレなどを使えるように用意したほうがよいのか。

実はもう、職人へのお茶出しなどの対応は必要なくなっています。お茶出しや差し入れがないのが一般的なので、それが施工の仕上げに影響することもありません。お茶出しや差し入れが不要な理由、どうしても差し入れをしたい場合などについて解説します。

職人さんへお茶出し・差し入れが必要ない理由

お茶出ししたらよいかどうか心配するのは「外壁塗装の仕上がりに影響するのでは」と考えてしまうからではないでしょうか。

しかし、お茶出しで仕上がりに影響が出ることはありません。外壁塗装などの工事は、契約内容に基づいて行っているためです。正当な金額をいただいて、金額に見合った工事をする契約になっているのですから、お茶出しを気にする必要はありません。

お茶出しが不要になった理由には、次のような背景があります。

  • 職人さんとのつき合い方が変わった
  • 職人にもスケジュールがある
  • お互いへの気づかいはお茶出しでなくても可能

職人さんとのつき合い方が変わった

かつて家の建築、修理といった業務は、近所の職人にお願いをすることが多く、お礼やねぎらいの意味も込めてお茶を出していました。ご近所づき合いの関係性のなかで、家の建築、修理をお願いしていたのです。そういった過去の慣習から「お茶を出さなくてはいけない」と考える人もいるのです。

現在では、顔見知りの職人に施工をお願いすることはほとんどありません。各施工会社の見積もりを比較して納得した会社と契約する方が多いのではないでしょうか。

施工会社も職人への教育へ力を入れており、契約どおりに施工を進めるよう指導しています。そのため、お茶が出ないからと仕上げに手を抜くような職人はいません。

職人にもスケジュールがある

職人視点でも、お茶出しが不要な理由があります。お茶出しをすると職人は休憩を取るために、作業を中断しなくてはなりません。せっかくお茶を出してくれたのに、すぐにいただかないのは申し訳ないと職人も考えるためです。

また職人は、その日の工事の進行に合わせて、休憩を取るタイミングを決めています。最近では、お茶出しがないことが当たり前のため、自分たちで飲み物を用意しています。お互いが気をつかうことなく工事を進められるように、お茶出しはしなくても問題ありません。

お互いへの気づかいはお茶出しでなくても可能

外壁塗装の施工期間は、家の大きさや施工内容にもよりますが2週間ほどかかります。その期間、毎日お茶出しをするのは、施主にとって大きな負担です。共働きのご家庭であればなおさらです。

職人も「毎日気をつかわせて申し訳ない」と施主に負担をかけているように感じます。お互いが思いやる気持ちがあるにも関わらず、気持ちが疲れてしまうのは残念です。

お茶出しでなくても、ねぎらいの気持ちや言葉は伝えられます。出勤するときにあいさつをしたり、簡単な手紙やメモを残したりしてもいいでしょう。担当者を通して、後日伝えてもらってもいいかもしれません。さまざまな方法で職人への気づかいや感謝を伝えられるため、お茶出しはしなくても大丈夫です。

気づかい不要です。気軽に塗装を依頼してください

まずは無料相談

まずは無料相談

それでもお茶出し・差し入れをしたい場合は

職人への差し入れ

お茶出しはいらないといっても、それでもお茶出しや差し入れをしたいと考える人もいるでしょう。差し入れをしないことでマイナスはありませんが、感謝の気持ちを伝えたいこともあるでしょう。

毎日顔を合わせるなかでのコミュニケーションのひとつとして、お茶出しや差し入れをするのは悪いことではありません。そういった場合、次のような方法で提供すれば、お互いに気をつかわずに済みます。

  • ペットボトルや缶で渡す
  • クーラーボックスに入れて提供する
  • 保温ポットと紙コップで提供する
  • お菓子類は小分けに包まれたものがよい

ペットボトルや缶で渡す

ペットボトルや缶で渡すのが、簡単な方法です。この方法であれば、職人のタイミングで飲むことが可能ですし、残った場合にも持ち帰りやすいのがメリットです。

施主が在宅のときは冷蔵庫で冷やしておいたものを休憩に入るタイミングで渡し、仕事で不在になることが多い場合は、まとめ買いしたものを箱のまま休憩場所に置いておくという形でもよいでしょう。

クーラーボックスに入れて提供する

暑い時期には、クーラーボックスにペットボトルや缶の飲み物を入れ提供するとよいでしょう。夏は冷たい飲み物が喜ばれます。休憩にいつ入るかわからないことを考えると、クーラーボックスに入れておけば、渡すタイミングを気にせずに済みます。お茶やコーヒー以外のほか、熱中症対策になることもあってスポーツドリンクも喜ばれます。

保温ポットと紙コップで提供する

寒い時期であれば、温かいコーヒーやお茶が喜ばれます。コーヒーの粉末やお茶の葉、お湯の入った保温ポット、紙コップという形で提供するとよいでしょう。冬の塗装工事は特に寒くて大変なので、夏の冷たい飲み物以上に温かいコーヒーやお茶が飲めるのは嬉しいものです。

お菓子類は小分けに包まれたものがよい

飲み物と合わせてお菓子などを提供するときは、小分けに包まれたものがよいでしょう。休憩時間に食べる量は多くないので、少しつまむ程度には小分けのものが食べやすいですし、残った場合に持ち帰りやすいというメリットがあります。

袋詰めになったものを数種類購入して、何日かに分けて出せるので、施主も提供しやすいのではないでしょうか。

このような形でお茶出しや差し入れをすれば、お互いがそれほど負担にならず、気持ちよく気づかいと感謝を感じながら工事を進めていけるでしょう。

比較して信頼できる施工会社を選んでください

まずは無料相談

まずは無料相談

お茶出し以外で職人さんへの対応は必要?

外壁塗装をしている間、施主の対応が必要なことはほとんどありません。いまでは共働きで日中誰もいないことも珍しくないため、誰もいなくても施工を進められるようになっています。

  • 職人にはあいさつだけで大丈夫
  • 相談や連絡は施工会社の担当者へ連絡する
  • 心づけは必要ない
  • トイレを貸さなくてもよい

職人にはあいさつだけで大丈夫

職人には顔を合わせたときにあいさつをすれば問題ありません。工事は契約をもとに進めているため、施主がいなくても問題なく進められます。職人から施主に対して、何らかの対応が求められることはありません。ただ職人と会う機会があれば、気持ちよく工事ができるよう、あいさつをするようにしましょう。

相談や連絡は施工会社の担当者へ連絡する

工事についての要望や疑問点、不備については、施工会社の担当者に指摘しましょう。職人へ直接問い合わせると、のちのちトラブルになることもあるので避けてください。

職人はあくまで工事の作業者であって、担当者ではありません。何か起こったとき職人に要望を伝えても、担当者へ話が伝わっていないこともあります。職人の勝手な判断や、要望を直接伝えたことがトラブルの原因になるのはよくある話です。

心づけは必要ない

職人へ心づけを渡す必要はありません。外壁塗装は期間が2週間と短いうえに、施工の対価は施工費用として支払われます。また、職人も会社員であることが多いため、心づけとしてお金を渡されると困ってしまいます。そのため、心づけを渡さなくても問題ありません。

トイレを貸さなくてもよい

職人にトイレを貸す必要もありません。会社によっては仮設トイレを設置したり、近くのコンビニのトイレを利用したりしています。職人も仕事で汚れている作業着で施主のトイレを借りるのは、気が引けるということもあります。そのため、職人にトイレを貸さなくても大丈夫です。

差し入れ不要!信頼してお任せを

施主は基本的に素人ですから、施工会社1社だけの見積もりを見ても、適正価格なのか適切な工事内容なのか判断できません。外壁塗装をするときは、複数の施工会社から見積もりを出してもらい、比較することが大切です。各施工会社の費用を比較して安い会社に依頼できますし、会社ごとの施工内容の違いなどを確かめられます。

複数の施工会社に見積もりを依頼するのなら、一括査定サイトの「ぬりマッチ」が便利です。チャット形式になっていて、質問に答えるだけで査定を依頼できます。一度の入力で複数の施工会社から見積もりが手に入れられるため、1社1社に連絡をする必要がありません。外壁塗装を検討している場合は、施工会社を比較するため、ぬりマッチをご利用ください。

見栄えの悪い外壁は塗装できれいに!新築のころの美しさになります

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

私、白井が全力でサポートします。今すぐ無料相談する