外壁塗装のしつこい営業の断り方!悪質業者を避けるコツは?

ドアスコープ越しの営業

しつこい外壁塗装の営業が、家を訪問してきたことがある方もいるでしょう。悪質な訪問営業の被害が多く発生しているのが現状です。

ただし、外壁の性能や見た目を維持するために、外壁塗装は必要なメンテナンスです。悪質業者の被害に合わないために、見極めることが重要です。

本記事で、注意するべき外壁塗装の訪問営業トークとしつこい営業の断り方を確認して、対策を練りましょう。また、信頼できる塗装業者を選ぶポイントも紹介するので、ご参考になれば幸いです。

外壁塗装の訪問営業でよくある営業トーク

訪問営業では、契約をもらうためにさまざまなトークで入居者に迫ってきます。お得に感じる数字のマジックや巧みな話術でつい契約をしてしまいそうですが、注意するべき点が多くあります。

ここでは、訪問営業がよく使用している営業トークをご紹介します。

「近くで工事をしています。」

訪問営業をしている業者が、訪問する口実として、「近くで工事をしていて、あいさつしに来ました」などの切り口を使う業者がいます。

外壁塗装などリフォーム関係の業者は、現場の周辺もチェックしてターゲットにしていることがあります。

その背景には、工事を行っている施主による口コミの期待、近隣の家を工事したという親近感を狙った戦略があります。

近隣で塗装工事を行っていたら、訪問される可能性が高いと認識しておきましょう。

「外壁の塗装時期です。」

訪問営業では、以下のようなトークがよくあります。

  • 外壁の塗装時期です
  • 外壁がかなり傷んでいます

訪問営業の塗装業者は、外から外壁の状態をみて、ターゲットにするか判断しています。ターゲットにされやすいのは、以下のような外壁の状態があります。

  • ヒビや割れがある
  • 変色や劣化がある
  • コーキング目地が細くなっている

もし自分の家が上記の状態に当てはまるのであれば、ターゲットにされる可能性は高いです。定期的にチェックをしておきましょう。

また、塗装をする必要がないのにすすめてくる業者も中にはいます。業者の言うことを鵜呑みしないで自身で調べることも重要です。

「今すぐに工事をしないと!」

塗装業者の中には、不安を煽る業者も多いです。

  • 今すぐに工事をしないと外壁が剥がれる
  • 今すぐに工事をしないと雨が漏れる

上記のように、入居者を不安にさせて契約を取り付ける、煽り商法を使います。

訪問営業は入居者に提案ができたとしても、検討する、考えておく、と言われることが大半です。契約をしてもらうためには、「すぐに工事をしないと!」と入居者に思ってもらう必要があります。

悪質な業者であれば、大げさに不安なことを言ってくることもあるので注意しましょう。

「期間限定で大幅に値引きします!」

営業トークの手法のひとつに「期間限定」をつける手法があります。

たとえば「期間限定で40%OFFにします」というようなトークで、期限内に契約をするとお得になると入居者に契約を急がせます。

人間は「お得」と「期間限定」に弱いという心理をついた営業手法ですので、焦って契約をするのはやめましょう

「足場代をサービスしますよ。」

営業トークの中には足場代をサービスするという営業もいます。

外壁塗装工事の足場にかかる費用相場は、30坪の住宅全面で組んだ場合15万円以上はかかります。安い金額でない足場代をサービスすることは、普通の業者ではかなりの痛手になるはずです。

足場代をサービスするといった場合は、ほかの費用で回収するために、見積金額を高く設定している可能性があります

ぬりマッチなら、厳しい審査を通過した専門業者のみが加盟しています!手間なく無料相談して信頼できる業者を見つけましょう。

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

しつこい営業の断り方

訪問してくる営業の中には、非常にしつこい営業もいることも事実です。時には恐怖を感じる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、しつこい営業の断り方についてまとめたので確認しておきましょう。

契約の意思がないことをはっきり言う

しつこい営業を断るために一番重要なことは、契約の意思がないことをはっきりと伝えることです。

それでもしつこい営業はいるかもしれませんが、あまりにも度が過ぎるようであれば警察を呼ぶと伝えれば、ほとんどは諦めることでしょう。

しつこい営業には強気で抵抗し、契約を断りましょう。

建てたハウスメーカーや工務店に依頼すると伝える

家の所有者が、建築したハウスメーカーや工務店との信頼関係があることは業者も理解しています。そのため、それらに依頼すると伝えることは有効な手段のひとつです。

また、別の工事と一括で依頼するなどと伝えて、訪問営業の業者の入る余地がないように思わせることで諦めさせることができるかもしれません。

知り合いに建築業者がいると伝える

身内や知人に建築に知見のある人物がいると伝えることで、業者は強敵がいると感じます。

また、いい加減なことは言えないので業者にとっては不利になります。

ターゲットから外される可能性が高くなるため、有効な手段のひとつです。

警察に通報する

悪質な訪問営業の中には、何度も訪問してきたり、契約するまで居座り続ける事例もあります。そのような事態は本当に恐怖を感じることでしょう。

しつこく訪問してくる、契約するまで居座るようなことが起きた場合は、警察に通報することが1番よい方法です。警察となると、業者も対応を考え直すことでしょう。

外壁塗装業者の選び方

悪質な訪問業者のイメージから外壁塗装に対して抵抗感があるかもしれませんが、約10年に一度は必要なメンテナンスであることは理解しておきましょう。外壁塗装をすることは、外観を美しくするだけでなく、建物の価値を守ることにもつながります。

ここでは優良な塗装業者の選び方をまとめました。悪質な業者も見極めて、信頼できる自分に合った塗装業者を見つけましょう。

工事の実績や口コミ

業者のホームページで工事の実績をチェックしましょう。工事実績を掲載している業者は信頼性が高い業者といえます。

また、口コミは業者のホームページ以外でも調べるほうが実情に近いものが知れるため、おすすめです。

建設業許可のある業者

信頼のできる塗装業者を選ぶポイントとして、建設業許可を持っているか確認するとよいでしょう。

塗装業をはじめ建設業全般、工事金額が500万円を超えない限りは許可なしでも工事ができます。

一方、建設業許可を持っている業者であれば国から認められた業者であり、大規模な公共工事、民間工事の実績のある業者の可能性が高いです。

リフォーム瑕疵保険に加入している業者

リフォーム瑕疵保険に加入している塗装業者は信頼できる業者といえます。

瑕疵とは、品質に欠陥がある状態をいいます。リフォーム瑕疵保険に加入している業者であれば、何か施行や品質に問題があっても、保険を利用して補修や再施行をしてくれます。

リフォーム瑕疵保険に加入しているということは、アフターフォローの体制が整っているので信用できる業者の可能性が高いといえます。

塗装1級技能士が在籍している

塗装1級技能士とは、技術と知識の両方が国から1級と認められた技能士であり、国家資格です。

資格の取得は非常に難関であり、だれでも保有できるものではありません。そのため、塗装1級技能士が在籍している業者は技術が高いといえます。

また、塗装1級技能士が多く在籍している業者は、施行技術の指導に力を入れている業者といえるので安心して工事を任せられます。

塗装業者選びは一括比較サイトが便利!

いざ外壁塗装工事をしようとしても、たくさんある塗装業者の中から優れた業者を探すのは大変です。

そんな時は、一括比較サイトを利用しましょう。複数の業者に一度の手間で相談ができるので、自分で1件ずつ問い合わせる必要がなく手間がかかりません。

さらに、選び抜かれた有能な業者のみが登録しているので、安心してご自分にあった塗装業者を見つけることができます

ぬりマッチなら、厳しい審査を通過した専門業者のみが加盟しています!手間なく無料相談して信頼できる業者を見つけましょう。

一括問い合わせスタート

一括問い合わせスタート

外壁塗装の営業に関するよくある質問

外壁塗装の訪問営業はどういう営業トークをする?
外壁がかなり傷んでいます、今すぐに工事をしないと雨が漏れる、など不安を煽るトークをする業者がいます。また、足場代をサービスするといってほかの費用で回収するために、見積金額を高く設定していることもあります。
外壁塗装のしつこい営業はどうやって断る?
契約の意思がないことをはっきりと伝えることが重要です。また、家を建てたハウスメーカーや工務店に依頼することや、知り合いに建築業者がいることを伝えるのも効果的です。悪質な訪問営業の場合は最終手段として警察に通報しましょう。
専門スタッフがサポート まずは無料相談